映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

東京国際映画祭グランプリは「わたしの叔父さん」に、足立紳の「愛妻物語」が脚本賞

83

「わたしの叔父さん」のスタッフとキャスト。左からマーコ・ロランセン、フラレ・ピーダセン、イェデ・スナゴー。

「わたしの叔父さん」のスタッフとキャスト。左からマーコ・ロランセン、フラレ・ピーダセン、イェデ・スナゴー。

第32回東京国際映画祭のクロージングセレモニーが、本日11月5日に東京・東京国際フォーラムで開催され、各部門の受賞結果が発表された。

コンペティション部門では115の国と地域より集まった1804本のエントリー作品から、審査を通過した14本が上映された。東京グランプリに選ばれたのは、デンマークのフラレ・ピーダセンによる「わたしの叔父さん」。若い姪と年老いて体の自由が利かない叔父の姿を、実際に親類関係にあるイェデ・スナゴー、ペーダ・ハンセン・テューセンキに託して描いたヒューマンドラマだ。

スナゴー、プロデューサーのマーコ・ロランセンとともに登壇したピーダセンは、「心臓がバクバクして、とても感動しています」と喜びをあらわにする。「東京国際映画祭のコンペティション部門に選んでいただけただけでもうれしいことでしたので、マーコから選出されたことを聞いた日には盛大に祝い、翌日は二日酔いになりました(笑)」とジョークを飛ばし、「舞台となった地域(ユトランド)で撮影された映画は、本作が初めてかもしれません。スタッフ、キャストももちろんですが、デンマークのフィルムインスティチュートに感謝を申し上げます」と述べる。

フランスの雪国で起きた女性の失踪事件を発端に、予想外の事実が明らかになる「動物だけが知っている」は、ナディア・テレスツィエンキーヴィッツに最優秀女優賞をもたらしたほか、観客賞も受賞。作品を代表して登壇したキャストのドゥニ・メノーシェは「作品終了後に観客の皆さんと会話する機会を設けてくださって、本当に素晴らしい経験でした」とコメントする。

最優秀脚本賞に選ばれた「喜劇 愛妻物語」は、足立紳が自身の小説をもとに倦怠期の夫婦の姿をつづる物語だ。「百円の恋」の脚本家としても知られる足立は「本業がシナリオライターなので脚本の賞をいただけて助かったという気持ちです」と心情を吐露し、「私生活をさらけ出しましたが、自分や妻をそのまま演じていただいたわけではなく、濱田岳さんと水川あさみさんがシナリオを体現してくださったからこそ、脚本を評価していただけたんだと思います」と感謝する。

アジアの未来部門の作品賞は、ヨウ・シンの「夏の夜の騎士」に。ヨウ・シンは「たくさんの映画監督がいる中で、私は映画を作れたこと自体がラッキーでした。この賞は、フィルムメーカーとしてのこれからのキャリアにとって、本当に意味があるものだと思います」と笑みを浮かべる。優れた監督を評価する国際交流基金アジアセンター特別賞には、「死神の来ない村」のレザ・ジャマリが選ばれた。

日本映画スプラッシュ部門では、東京新聞社会部の記者・望月衣塑子の活動を追ったドキュメンタリー「i-新聞記者ドキュメント-」が作品賞を受賞。監督を務めた森達也は「この国は今、空気という目に見えないものがいろんな機能を停止させています。そんな中でこの作品が賞を獲れたということで、推薦してくださったプログラムディレクターの将来が危ないと思いますが、仕方ない。自己責任ですね」と冗談めかし、観客を笑わせる。

関東近郊の豚舎を舞台に、祖母と2人で暮らす男を主人公とする「叫び声」で同部門の監督賞に輝いた渡辺紘文は、家族で映画制作に取り組んでいることを紹介。続けて、本作にも出演した祖母が8月に亡くなったことを明かし、渡辺は涙ながらに「おばあちゃんがいたからこそ、獲れた賞だと思います。これからも映画を作り続けていきます」と力強く宣言した。

全部門の出品作から宝石のような輝きを放った若手俳優に贈られる東京ジェムストーン賞は、伊藤沙莉吉名莉瑠佐久間由衣と、ノルウェーのヨセフィン・フリーダに贈られた。

第32回東京国際映画祭の受賞結果は以下の通り。

第32回東京国際映画祭 受賞結果

コンペティション部門

東京グランプリ / 東京都知事賞

「わたしの叔父さん」(監督:フラレ・ピーダセン)

審査委員特別賞

「アトランティス」(監督:ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ)

最優秀監督賞

サイード・ルスタイ(「ジャスト 6.5」)

最優秀女優賞

ナディア・テレスツィエンキーヴィッツ(「動物だけが知っている」)

最優秀男優賞

ナヴィド・モハマドザデー(「ジャスト 6.5」)

最優秀芸術貢献賞

「チャクトゥとサルラ」(監督:ワン・ルイ)

最優秀脚本賞

足立紳(「喜劇 愛妻物語」)

観客賞

「動物だけが知っている」(監督:ドミニク・モル

アジアの未来部門

作品賞

「夏の夜の騎士」(監督:ヨウ・シン)

国際交流基金アジアセンター特別賞

レザ・ジャマリ(「死神の来ない村」)

日本映画スプラッシュ部門

作品賞

「i-新聞記者ドキュメント-」(監督:森達也)

監督賞

渡辺紘文(「叫び声」)

東京ジェムストーン賞

ヨセフィン・フリーダ(「ディスコ」)
伊藤沙莉(「タイトル、拒絶」)
吉名莉瑠(「テイクオーバーゾーン」)
佐久間由衣(「“隠れビッチ”やってました。」)

特別功労賞

仲代達矢
大林宣彦

アメリカン航空アウォード 大学対抗ショートフィルムコンテスト

グランプリ

「Down Zone」(監督:奥井琢登)

映画ナタリーをフォロー