映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

島崎信長と神谷浩史がNetflixアニメ発表会に登場、主演作をアピール

336

左から神谷浩史、島崎信長。

左から神谷浩史、島崎信長。

Netflixアニメラインナップ発表会が、本日10月23日に東京・秋葉原UDXシアターで開催された。

イベントにはNetflixコンテンツ部門クリエイティブ・プロデューサーの櫻井大樹が出席。神山健治と荒牧伸志による「攻殻機動隊 SAC_2045」が2020年春、湯浅政明が監督を務める「日本沈没2020」が2020年に配信されることが発表された。

さらに2体のロボットのもとで育った少女サラの物語「エデン」が2020年秋、橋本花鳥によるマンガをアニメ化した「虫籠のカガステル」が2020年に配信されることが明らかに。またドラマ「オルタード・カーボン」のスピンオフアニメ「オルタード・カーボン:リスリーブド」が2020年春に配信されることも発表された。

さらに、戦争によって父親と右腕を失った少年レビウスが改造義手を装着して戦う「Levius」が2019年11月28日、超能力者の高校生・斉木楠雄を主人公としたコメディ「斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編」が12月30日から配信されることもわかった。

ここで「Levius」の主演を務める島崎信長と、「斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編」の主演声優・神谷浩史が登場。神谷は「(『斉木楠雄のΨ難』は)過去にテレビシリーズ2作と特番が製作されましたが、今度はNetflixでアニメ化される。そんな幸せな作品ってある?と思って、ものすごくうれしかったです」と喜びをあらわにし、「Netflixではシリーズ全部を観られるので、1作目の第1話と今作のセリフのスピードがまったく違う点も見どころです(笑)」とアピールした。

島崎は「Levius」について「シリアスなシーンもありますが、観ていて前向きになれる作品です!」とコメント。諏訪部順一、櫻井孝宏、佐倉綾音、大塚芳忠、小野大輔、早見沙織、宮野真守ら豪華キャスト陣がそろったことについては「周りのキャストを聞いてビビりましたもん! あのメンバーに囲まれてドキドキでした」と振り返った。

最後に神谷は「斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編」を「だまされたと思って観てください。子供向け作品と思われるかもしれませんが、大人も絶対楽しめます!」と猛プッシュ。島崎は「Levius」について「配信だからこそ何度も巻き戻して観ることができます。音もこだわり抜いていますし、心が温かくなる作品です!」と呼びかけ、イベントを締めくくった。

※島崎信長の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

映画ナタリーをフォロー