映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

しんゆり映画祭で井浦新の出演作4本上映、「ヘレディタリー」「若おかみ」も

353

「11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち」 (c)若松プロダクション

「11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち」 (c)若松プロダクション

10月27日から11月4日に神奈川・川崎市アートセンターで開催される、第25回KAWASAKIしんゆり映画祭2019。そのプログラムが発表された。

今回のキャッチフレーズは「Across the border~のり越える想い~」。井浦新の出演作4本を上映する「役者・井浦新の軌跡」、「よあけの焚き火」「ある精肉店のはなし」「洗骨」「沈没家族 劇場版」をスクリーンにかける「ひろがる つなげる つたえる」、「バジュランギおじさんと、小さな迷子」「パッドマン 5億人の女性を救った男」からなる「インドのおじさんが教えてくれたこと」などのプログラムが用意された。

また「ゲット・アウト」「ヘレディタリー/継承」を上映する「『身近な人がマジコワい』特集」、「記者たち~衝撃と畏怖の真実~」「バイス」「華氏119」をスクリーンにかける「アメリカの“NOW”, アメリカの“WHY?”」も。「しんゆりこどもシネマ」では「若おかみは小学生!」を上映する。

チケットは10月6日9時に川崎市アートセンター、セブンチケットで発売。

第25回KAWASAKIしんゆり映画祭2019

2019年10月27日(日)~11月4日(月・振休)神奈川県 川崎市アートセンター アルテリオ映像館・小劇場
※10月28日(月)は休映
前売り料金:1100円
当日料金:一般、シニア 1400円 / 学生、障害者とその付添者 1100円

役者・井浦新の軌跡

<上映作品>
止められるか、俺たちを
赤い雪 Red Snow」※R15+指定作品
11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち
ワンダフルライフ
<「赤い雪 Red Snow」ゲスト(予定)>
甲斐さやか / 菜葉菜

ひろがる つなげる つたえる

<上映作品>
「よあけの焚き火」
「ある精肉店のはなし」※バリアフリー日本語字幕付き上映
「洗骨」※副音声イヤホンガイド付き上映、保育付き上映の回あり
「沈没家族 劇場版」※保育付き上映の回あり
<「よあけの焚き火」ゲスト(予定)>
土井康一 / 大藏康誠
<「沈没家族 劇場版」ゲスト(予定)>
加納土 / 関山隆一

インドのおじさんが教えてくれたこと

<上映作品>
「バジュランギおじさんと、小さな迷子」
「パッドマン 5億人の女性を救った男」

アメリカの“NOW”, アメリカの“WHY?”

<上映作品>
「記者たち~衝撃と畏怖の真実~」
「バイス」
「華氏119」
<「記者たち~衝撃と畏怖の真実~」ゲスト(予定)>
金平茂紀

「身近な人がマジコワい」特集

<上映作品>
「ゲット・アウト」
「ヘレディタリー/継承」

聞く・話す・考える~ヒントときっかけ~

<上映作品>
おクジラさま ふたつの正義の物語

映画の魅力を伝えたい人々!in しんゆりヒル

<上映作品>
サッドヒルを掘り返せ
<イベント(予定)>
ニューリリィアンサンブルによる演奏

あれも青春!これも青春?

<上映作品>
天然☆生活
あいが、そいで、こい
<「天然☆生活」ゲスト(予定)>
永山正史 / 川瀬陽太
<「あいが、そいで、こい」ゲスト(予定)>
柴田啓佑

柳下美恵のピアノdeシネマ in しんゆり

<上映作品>
掟によって
<ゲスト(予定)>
柳下美恵

しんゆりこどもシネマ

<上映作品>
「若おかみは小学生!」
<イベント(予定)>
川崎市多摩区の和太鼓の会「雷鼓(らいこ)」の演奏

ジュニア映画制作ワークショップ2019

<上映作品>
「わが家のすったもんだ」ほか ※無料上映
<イベント(予定)>
参加中学生による舞台挨拶、メイキング上映など

佐藤忠男さんと振り返るアジア映画 in しんゆり

<上映作品>
冬冬の夏休み(デジタル・リマスター版)
ブンミおじさんの森
<ゲスト(予定)>
佐藤忠男

映画ナタリーをフォロー