映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

長崎・佐世保で「空の大怪獣ラドン」「地の群れ」「裸足の青春」など6本上映

147

「映像文化アーカイブとしての佐世保映画祭」が11月16日、17日に長崎・アルカスSASEBOで行われる。

長崎・佐世保が舞台、もしくはロケ地として使用された映画を厳選して紹介する同映画祭。第2回目となる今回は佐世保の暗部に切り込んだ熊井啓のATG作品「地の群れ」、高度経済成長の真っ只中にあった佐世保を捉えた「続・社長漫遊記」がスクリーンに。カトリックと仏教の違いによって引き裂かれる男女を描いたラブロマンス「裸足の青春」、阿蘇の地下洞窟から現代によみがえったラドンが九州で暴れ回る「空の大怪獣ラドン」という、前回開催時に好評を博した作品も再びラインナップに並んだ。

また長崎県立大学の映画研究会SeaCaTによる第1回作品「しらあいの赦(ゆるし)」と、渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保から生まれた短編「リッちゃん、健ちゃんの夏。」の無料上映も行われる。

チケットはアルカスSASEBO、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスほかで販売中。詳しくは「映像文化アーカイブとしての佐世保映画祭」公式サイトで確認を。

第8回させぼ文化マンス 映像文化アーカイブとしての佐世保映画祭

2019年11月16日(土)、17日(日)長崎県 アルカスSASEBO 中ホール
料金:1回券 500円 / 全作通し券 1500円
<上映作品>
「裸足の青春」
「空の大怪獣ラドン」
「地の群れ」
「続・社長漫遊記」
「しらあいの赦(ゆるし)」
「リッちゃん、健ちゃんの夏。」

映画ナタリーをフォロー