日本の黒い夏 冤罪

日本の黒い夏 冤罪

ニホンノクロイナツエンザイ

2001年3月24日(土)公開 / 上映時間:119分 / 製作:2000年(日本) / 配給:日活

解説 まだ記憶に新しい“松本サリン事件“の惨劇と、そこから派生した冤罪の問題に熊井啓監督が切り込んだ1本。TVの報道マンとその部下たちや刑事らの人間模様が、回想形式で語られていく。

ストーリー 松本市でサリンによる無差別殺人事件が起こり、警察とマスコミは第一通報者の神部氏を容疑者のように扱う。報道が過熱する中、地元TV局の報道局長、笹野は、自ら神部氏の弁護士と面会。その後、特番を組んで事件を徹底的に検証する。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全2件)