海は見ていた

海は見ていた

ウミハミテイタ

2002年7月27日(土)公開 / 上映時間:119分 / 製作:2002年(日本) / 配給:ソニー・ピクチャーズ=日活=ソニー・シネマチック=インタービジョン=「海は見ていた」製作委員会=エー・アイ・アイ=ソニーPLC=テレビ東京=黒澤プロダクション

解説 黒澤明が着手しながら映画化を断念したシナリオに『日本の黒い夏・冤罪』の熊井啓が挑戦。客に惚れやすい娼婦が挫折の果てに希望を取り戻すまでを、ユーモラスかつ颯爽と描き切る。

ストーリー 江戸時代の深川。若く器量よしの娼婦お新は、町でケンカをして破傷沙汰を起こして逃げてきた若侍、房之助を好きになる。客に惚れるのは御法度。けれども、うぶで一途な房之助の言動に、思いを隠し切れなくなり……。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全4件)