「ジョーカー」がヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞に

367

イタリアで現地時間8月28日から開催されていた第76回ヴェネツィア国際映画祭の授賞式が9月7日に行われ、コンペティション部門最高賞にあたる金獅子賞をトッド・フィリップスの「ジョーカー」が受賞した。

左からトッド・フィリップス、ホアキン・フェニックス。(写真提供:Abaca Press / Marechal Aurore / Abaca / Sipa USA / Newscom / ゼータ イメージ)

左からトッド・フィリップス、ホアキン・フェニックス。(写真提供:Abaca Press / Marechal Aurore / Abaca / Sipa USA / Newscom / ゼータ イメージ)

大きなサイズで見る(全3件)

「ジョーカー」ポスタービジュアル (c)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c)DC Comics

「ジョーカー」ポスタービジュアル (c)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c)DC Comics[拡大]

「ジョーカー」は、DCコミックスに登場する悪役ジョーカーの誕生を描く物語。主演のホアキン・フェニックスが狂気に満ちたジョーカーへと変わっていく孤独な男アーサーを演じた。日本では10月4日より全国で公開される。

審査員の塚本晋也(左)からロイ・アンダーソンに代わってトロフィーを受け取る「About Endlessness(英題)」のプロデューサー、ヨハン・カールソン(右)。(写真提供:Marechal Aurore / ABACA / Newscom / ゼータ イメージ)

審査員の塚本晋也(左)からロイ・アンダーソンに代わってトロフィーを受け取る「About Endlessness(英題)」のプロデューサー、ヨハン・カールソン(右)。(写真提供:Marechal Aurore / ABACA / Newscom / ゼータ イメージ)[拡大]

銀獅子賞の審査員大賞をロマン・ポランスキーの「J'accuse(原題)」、同じく銀獅子賞の監督賞をロイ・アンダーソンの「About Endlessness(英題)」が受賞。女優賞にはアリアンヌ・アスカリッド、男優賞にはルカ・マリネッリが輝いた。出品されていた是枝裕和の「真実」、オダギリジョーが出演したロウ・イエの「サタデー・フィクション」は受賞ならず。なお今回のコンペティション部門審査委員長はアルゼンチンの映画監督ルクレシア・マルテルが務め、審査員には塚本晋也も名を連ねた。

主な受賞結果は以下の通り。

第76回ヴェネツィア国際映画祭 主要部門受賞結果一覧

金獅子賞

トッド・フィリップス「ジョーカー」

銀獅子賞(審査員大賞)

ロマン・ポランスキー「J'accuse」

銀獅子賞(監督賞)

ロイ・アンダーソン「About Endlessness」

女優賞

アリアンヌ・アスカリッド「Gloria Mundi(原題)」

男優賞

ルカ・マリネッリ「Martin Eden(英題)」

脚本賞

ヨン・ファン「No.7 Cherry Lane(英題)」

審査員特別賞

フランコ・マレスコ「La mafia non e piu quella di una volta(原題)」

マルチェロ・ マストロヤンニ賞

トビー・ウォレス「Babyteeth(原題)」

※「ジョーカー」はR15+指定作品
※塚本晋也の塚は旧字体が正式表記
※「La mafia non e piu quella di una volta」の最初のeとuはアクサンテギュ付きが正式表記

この記事の画像(全3件)

関連記事

トッド・フィリップスのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ジョーカー / トッド・フィリップス / ホアキン・フェニックス / アリアンヌ・アスカリッド / ルカ・マリネッリ / ヨン・ファン / フランコ・マレスコ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。