映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「蜜蜂と遠雷」劇中曲「春と修羅」を先行配信、松岡茉優らの演奏シーンも公開

349

蜜蜂と遠雷」に登場するオリジナル楽曲「春と修羅」が、本日8月28日よりiTunes Storeほか主要音楽配信サイトで先行配信される。

恩田陸の同名小説を「愚行録」の石川慶が映画化した本作は、国際ピアノコンクールに集まった4人のピアニストの挑戦を描く音楽ドラマ。松岡茉優松坂桃李森崎ウィンPRIZMAX)、鈴鹿央士らが出演した。

「春と修羅」は劇中に課題曲として登場する、カデンツァ(即興演奏)を含む楽曲。今回先行配信される楽曲では、松岡演じる栄伝亜夜、松坂演じる高島明石、森崎演じるマサル・カルロス・レヴィ・アナトール、鈴鹿演じる風間塵による異なるカデンツァを聴くことができる。なおこれらの楽曲は9月4日に発売される本作のインスパイアードアルバムにも収録される。

「春と修羅」の作曲を担当した藤倉大は「僕はまず、小説の中で『春と修羅』に関する描写のある部分を全部取り出してみようと思いました。僕はこの映画で一番のキーは恩田さんの小説だ、と思ったし、僕の書く『春の修羅』は映画音楽ではなく、この作品では映画の重要キャラクターの一人だと思う」とコメント。恩田は「春と修羅」を聴いたときのことを振り返り「藤倉さんはすごくリサーチをして『小説の中からヒントをもらった』とおっしゃっていました。私の描いた通りに創ってくださっている」と述べた。

「蜜蜂と遠雷」は、10月4日より全国ロードショー。なおYouTubeにて、亜夜、明石、マサル、塵が「春と修羅」を演奏するシーンを収めた特別映像が公開中だ。

(c)2019映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会

映画ナタリーをフォロー