「永遠に僕のもの」中村明日美子、彩景でりこらマンガ家が美しき殺人犯を描く

1495

本日8月16日に封切られた「永遠に僕のもの」に寄せ、ボーイズラブ誌を中心に活躍するマンガ家7名から映画をイメージしたイラストが到着した。

中村明日美子による「永遠に僕のもの」描き下ろしイラスト。

中村明日美子による「永遠に僕のもの」描き下ろしイラスト。

大きなサイズで見る(全19件)

彩景でりこによる「永遠に僕のもの」描き下ろしイラスト。

彩景でりこによる「永遠に僕のもの」描き下ろしイラスト。[拡大]

ダヨオによる「永遠に僕のもの」描き下ろしイラスト。

ダヨオによる「永遠に僕のもの」描き下ろしイラスト。[拡大]

1971年に逮捕されたアルゼンチンの連続殺人犯カルロス・エディアルド・ロブレド・プッチの実話をもとにした本作。主人公カルリートスは新しく入った学校で出会った青年ラモンに魅了され、やがて2人でさまざまな犯罪に手を染めていく。カルリートスをロレンソ・フェロ、ラモンをチノ・ダリンが演じた。

虫歯による「永遠に僕のもの」描き下ろしイラスト。

虫歯による「永遠に僕のもの」描き下ろしイラスト。[拡大]

このたびイラストを描き下ろしたのは「同級生」シリーズの中村明日美子、「蟷螂の檻」の彩景でりこ、「YOUNG BAD EDUCATION」のダヨオ。そして「天国 in the HELL」の虫歯、「朝とミーチャ」シリーズのビリー・バリバリー、「そんなにキレイじゃなくていい」のうり、「夜のなかで君をさがす」の京一だ。ブロンドの巻き毛になめらかな白い肌を持つカルリートスと荒々しい魅力を放つラモンが、それぞれのタッチで描かれている。これらの原画は東京・シネクイントに展示予定。詳細は映画の公式サイトでアナウンスされる。

ルイス・オルテガが監督を務め、ペドロ・アルモドバルが製作に名を連ねた「永遠に僕のもの」はシネクイント、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で上映中。

※「永遠に僕のもの」はR15+指定作品

この記事の画像・動画(全19件)

関連記事

中村明日美子のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 永遠に僕のもの / 中村明日美子 / 彩景でりこ / ダヨオ / 虫歯 / ロレンソ・フェロ / チノ・ダリン / ルイス・オルテガ / ペドロ・アルモドバル の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。