悪しき美少年が盗みに入った豪邸でダンス、「永遠に僕のもの」特別映像

187

永遠に僕のもの」より、特別映像がYouTubeで解禁された。

「永遠に僕のもの」

「永遠に僕のもの」

大きなサイズで見る(全9件)

「永遠に僕のもの」ポスタービジュアル

「永遠に僕のもの」ポスタービジュアル[拡大]

1971年に逮捕された連続殺人犯カルロス・エディアルド・ロブレド・プッチをモデルとする本作。主人公カルリートスが新しく入った学校で出会った青年ラモンに魅了され、2人でさまざまな犯罪に手を染めるようになっていくさまが切り取られていく。カルリートスを、アルゼンチンの新人ロレンソ・フェロが演じた。

このたび到着したのは、カルリートスが留守宅の豪邸へ盗みに入るシーン。彼が勝手にレコードをかけて音楽に合わせて踊る姿や、盗んだバイクで去っていくさまが捉えられている。なおこのダンスシーンの裏話を、先頃来日したフェロは「実はお父さんが眠っている間に、鏡の前でこっそり練習していたんです」と語った。また同場面の撮影中はとにかく恥ずかしかったそうで「1テイクだけ、監督と2人にしてほしいとお願いしました。あと『ウィスキー1杯持ってきて!』って(笑)」とも明かしている。

ルイス・オルテガが監督を務め、ペドロ・アルモドバルがプロデューサーに名を連ねた「永遠に僕のもの」は、8月16日より東京・シネクイント、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で順次ロードショー。

※「永遠に僕のもの」はR15+指定作品

この記事の画像・動画(全9件)

関連記事

ロレンソ・フェロのほかの記事

リンク

(c)2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 永遠に僕のもの / ロレンソ・フェロ / ルイス・オルテガ / ペドロ・アルモドバル の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。