映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

西田敏行、ドラマ「サイン」で大森南朋を警戒?「マシンガン持ってないだろうか」

402

ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」制作発表記者会見の様子。左から西田敏行、高杉真宙、松雪泰子、大森南朋、飯豊まりえ、仲村トオル。

ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」制作発表記者会見の様子。左から西田敏行、高杉真宙、松雪泰子、大森南朋、飯豊まりえ、仲村トオル。

ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」の制作発表記者会見が本日7月4日にテレビ朝日本社で行われ、大森南朋松雪泰子飯豊まりえ高杉真宙西田敏行仲村トオルが登壇した。

本作は、韓国で最高視聴率25.5%を記録したドラマ「サイン」のリメイク作。遺体の声なき声に耳を傾け続ける法医学者たちが、不都合な“事実”を隠蔽する権力に立ち向かう姿を描く。

真実と正義を追求する解剖医・柚木貴志を演じた大森が現場を振り返り、「飯豊ちゃんがすごく盛り上げてくれる」と話すと、柚木の助手であり新人解剖医の中園景役の飯豊はドラマ公式Instagramに言及。「南朋さんがよく『Instagramの写真撮ろうよ』って言ってくださるんです。『盛り上げるために即興コントやる?』って」と笑いながら明かすと、大森は「なんか、やりづらいおじさんになってない? 『Instagramやろうよ』とか……」と慌てた様子を見せる。柚木の恩人かつ育ての親でもある日本法医学研究院院長・兵藤を演じた西田は「南朋ちゃんは以前の現場ではかなりエキセントリックな役で、マシンガンで私を亡き者にしようとしていたんだよ。それが今、師弟関係の役になるというのは不思議ですね。でもたまに後ろを振り向いて“マシンガン持ってないだろうか”って思ってしまいます」とジョークを飛ばし、笑いを誘った。

上司と部下の絆も描かれる本作。上司役の大森から「決して親子になんて見せないぞ」と意気込まれると、飯豊は「メイク中もセリフが急に聞こえてくるので、(それに続いて)あうんの呼吸みたいにセリフ合わせをやっています」と良好な関係を築いていることを明かす。それを横目に、柚木たちの前に立ちはだかる法医学教授・伊達明義役の仲村は暗い表情。「部下をののしったりアングラな行動をさせている役なので、そんな楽しさはないですね……。僕のいる現場はそんな楽しくないですよ(笑)」と羨望のまなざしを向けていた。

イベントでは、本日7月4日が23歳の誕生日である高杉のバースデーサプライズを行う一幕も。甘いもの好きという高杉はカラフルなわたあめにかぶりつき、「まずはこの作品で楽しく役をまっすぐに演じて、一歩一歩撮影をがんばっていきたいと思います」と晴れやかな表情で語った。

脚本を羽原大介と香坂隆史が執筆し、七高剛と山本大輔が演出を担当する「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」はテレビ朝日系で7月11日に放送スタート。

※七高剛の高は、はしごだかが正式表記

木曜ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」

テレビ朝日系 2019年7月11日(木)スタート 毎週木曜 21:00~21:54

(c)テレビ朝日

映画ナタリーをフォロー