映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ロザムンド・パイクが眼帯姿で実在の戦場記者演じる「プライベート・ウォー」公開

171

「プライベート・ウォー」

「プライベート・ウォー」

アメリカ人女性戦場記者メリー・コルヴィンの半生を映画化した「A Private War」が、「プライベート・ウォー」の邦題で9月13日に公開される。

レバノン内戦や湾岸戦争、チェチェン紛争などを取材してきた英サンデータイムズ紙の戦争特派員コルヴィン。2001年にスリランカ内戦で左目を失明し、PTSDに苦しみながらも取材を続け、2012年にシリアで砲撃に遭い命を落とした。

本作にて黒い眼帯姿でコルヴィンを演じたのは、「ゴーン・ガール」のロザムンド・パイク。彼女は同役で第76回ゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネートされた。さらに仕事やプライベートでコルヴィンを支えた男性たちに、「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」のジェイミー・ドーナン、「ボヘミアン・ラプソディ」のトム・ホランダー、「プラダを着た悪魔」のスタンリー・トゥッチが扮している。ドキュメンタリー「カルテル・ランド」「ラッカは静かに虐殺されている」で知られるマシュー・ハイネマンが劇映画初監督を務め、「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」のアラッシュ・アメルが脚本を執筆。元ユーリズミックスのアニー・レノックスが手がけたエンディング曲「Requiem for a Private War」は、第76回ゴールデングローブ賞主題歌賞にもノミネートを果たした。プロデューサー陣にはシャーリーズ・セロンも名を連ねている。

「プライベート・ウォー」は、東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国でロードショー。

映画ナタリーをフォロー