映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

永瀬廉や神尾楓珠もメロメロ「うちの執事が言うことには」番犬ペロの写真到着

3259

「うちの執事が言うことには」より、番犬ペロ。

「うちの執事が言うことには」より、番犬ペロ。

うちの執事が言うことには」に登場する番犬ペロの場面写真が到着した。

本作は、名門・烏丸家第27代当主の花穎と彼に仕える新執事・衣更月蒼馬が、烏丸家に降りかかる陰謀と難事件に立ち向かうさまを描くミステリー。花穎を永瀬廉King & Prince)、衣更月を清原翔が演じた。また、パティスリー「アントルメ・アカメ」のオーナーを務める大学生・赤目刻弥役で神宮寺勇太(King & Prince)が出演している。

烏丸家の敷地に迷い込んだところ、花穎に拾われた番犬ペロ。永瀬が本作の撮影で楽しみにしていたことの1つが、ペロ役のカイルとの共演だ。撮影の合間にカイルに何度もスキンシップを試みた永瀬だが「餌をあげたりしても全然なついてくれなくて」となかなか距離を縮められなかったという。また花穎とペロが出会うシーンでは、花穎のほうにまっすぐ歩いてきたペロが方向転換し、傍で撮影を見ていた清原のもとに行ってしまうハプニングも。本番では大事なネクタイを取りに来た花穎を見ながらお座りをしてみせた。

ハウスキーパー・雪倉峻役の神尾楓珠も「ペロと1回しか会えなかったですが、庭師の桐山役の村上(淳)さんが『俺の犬だ!』くらいのテンションでずっと抱いていたから、僕は全然かまえなかったんです。だからいつかまたカイルくんと共演したい」とメロメロだった様子だ。

久万真路監督作「うちの執事が言うことには」は、5月17日より全国でロードショー。

(c)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

映画ナタリーをフォロー