映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「うちの執事が言うことには」神宮寺勇太が永瀬廉宅でのジェンガ対決明かす

3664

「うちの執事が言うことには」完成披露試写会の様子。

「うちの執事が言うことには」完成披露試写会の様子。

うちの執事が言うことには」の完成披露試写会が、本日4月18日に東京・EBiS303イベントホールにて行われ、キャストの永瀬廉King & Prince)、清原翔神宮寺勇太(King & Prince)、 優希美青神尾楓珠矢柴俊博村上淳吹越満、監督の久万真路が登壇した。

高里椎奈の同名小説をもとにした本作は、名門・烏丸家第27代当主の花穎と彼に仕える新執事・衣更月蒼馬が、烏丸家に降りかかる陰謀と難事件に立ち向かうさまを描く物語。永瀬が花穎、清原が衣更月を演じ、ミステリアスな学生起業家・赤目刻弥に神宮寺が扮する。

永瀬は「1年前に撮影してたんですが、この日を迎えられたのがうれしくてニヤニヤが止まらないですね」と喜びをあらわにし、映画初出演の神宮寺は「バチバチのフレッシュですね。完成した映画を観て、1年前はなんか顔つきが違うなと思いました。今は色気が違う」と自ら言って客席を盛り上げる。久万は「若手の皆さんがこの1年で成長してるので懐かしい。新鮮な生き生きしたところが作品の中で生きてるので、去年撮れたのがすごくよかった」と満足そうな様子を見せた。

神宮寺が「廉が一緒に(脚本の)読み合わせをしたいって言うので彼の家に行ったんですけど、めちゃめちゃジェンガが強かったです」と明かすと、永瀬が「読み合わせしてたら神がジェンガしようぜって言い出して、目的が変わってもうて(笑)。そこから人生ゲームやらなんやらをやりました」と続ける。それを聞いた村上が「そのときの動画ある?」と尋ね、さらに観客を沸かせた。

続けて、永瀬は撮影時の神宮寺について「クライマックスシーンでめちゃめちゃ集中してたんですよ。話しかけるなオーラ出して目をつぶって。いつもちゃらんぽらんなんで、見たことのない神宮寺でした」と語る。神宮寺が「監督にトライさせていただいて、いいシーンが撮れてありがたかったです」と感謝を述べると、久万は「大切なシーンで10分くらいワンカットで撮ったんですが、泣き言も言わず男らしかったですね」と神宮寺をたたえた。

神尾は現場での永瀬について「みんなの中心になってコミュニケーションを取ってくれて。自分は(永瀬、清原、神宮寺の)関係性ができてるときくらいにクランクインしたけどうまく輪に入れてくれました」と回想。永瀬は「いやいやいや……今の聞いてニヤニヤが止まらないですね!」と照れながらもご満悦な表情を見せた。

最後に永瀬は「もっと演技を勉強したい。みなさんが優しくて温かかったので、いい意味で主演と気負わず自分らしくできた現場でした。いろんな役をやって経験を積みたいな、とこの映画のおかげで感じました。初主演がこの映画でよかったです」と真摯に思いを吐露し、大きな拍手を浴びた。

「うちの執事が言うことには」は、5月17日より全国でロードショー。

(c)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

映画ナタリーをフォロー