下北沢トリウッド開館20周年、「下北沢で生きる」や柄本家の関連作がスクリーンに

137

東京の映画館・下北沢トリウッドの開館20周年記念イベントとして、「下北沢で生きる SHIMOKITA 2003 to 2017 改訂版」が5月11日から24日にかけて2年ぶりに上映される。

「下北沢で生きる SHIMOKITA 2003 to 2017 改訂版」ポスタービジュアル

「下北沢で生きる SHIMOKITA 2003 to 2017 改訂版」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全6件)

「下北沢で生きる SHIMOKITA 2003 to 2017 改訂版」

「下北沢で生きる SHIMOKITA 2003 to 2017 改訂版」

本作は、下北沢の街の変遷を15年にわたって捉えたドキュメンタリー。多数のミュージシャンや俳優、文化人が参加したイベント「SHIMOKITA VOICE」を通して、下北沢が直面した道路計画や再開発計画の問題に迫る。下北沢が地元の俳優・柄本佑がナレーションを担当した。

5月11日には龍谷大学教授の服部圭郎、18日には古着屋DEPTの創業者として知られる永井誠治、ロックシンガーの江上徹がトークイベントに登壇。SHIMOKITA VOICEの実行委員長を務める河野義家が司会を務める。

「柄本家のゴドー」

「柄本家のゴドー」

「万引き家族」 (c)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

「万引き家族」 (c)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

また下北沢トリウッドでは、下北沢と縁のある俳優一家・柄本家の関連作を2本上映。佑が弟の柄本時生とともに、父・柄本明を演出に迎え上演した「ゴドーを待ちながら」の稽古場を記録した「柄本家のゴドー」、佑の妻で女優の安藤サクラが数々の賞に輝き、明も出演した「万引き家族」がスクリーンにかけられる。

この記事の画像(全6件)

関連記事

リンク

関連商品