映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

磯村勇斗「御曹司ボーイズ」試写でファンにツンデレ「しょうがないから、あげるよ」

233

「御曹司ボーイズ」第1話先行公開試写の様子。左から山本涼介、飯島寛騎、平祐奈、磯村勇斗、稲葉友。

「御曹司ボーイズ」第1話先行公開試写の様子。左から山本涼介、飯島寛騎、平祐奈、磯村勇斗、稲葉友。

AbemaTVのオリジナル連続ドラマ「御曹司ボーイズ」の第1話先行公開試写が4月18日に東京のUDAGAWA BASEにて行われ、キャストの平祐奈磯村勇斗飯島寛騎稲葉友山本涼介が出席した。

本作は、御曹司の花嫁の座を巡って繰り広げられる“サバイバル玉の輿コメディ”。彼らが本気で結婚相手を探すために開催したリアリティショー「プリンスマリッジ」を舞台に、70万人の応募者の中から選ばれた女子高生3人が、あの手この手を使い人生の一発逆転を狙っていく。平が主人公の相原麦を演じ、磯村、飯島、稲葉、山本がハイスペックな“御曹司ボーイズ”に扮した。

イベントでは磯村ら男性キャスト4人が、抽選で選ばれたファンに劇中で重要な役割を果たすティアラを贈呈するコーナーが。稲葉はファンの頭の上から落ちそうになるティアラを手で支え、山本は「一生大事にするから、俺についてきて」、飯島は「今日から君が僕のプリンセス。この魔法は12時まわっても解けないよ。愛してる」とそれぞれの役柄が表れるセリフやしぐさを交えてファンにティアラを贈る。磯村はツンデレなキャラクターにちなみ、「しょうがないから、これお前にあげるよ」とティアラを片手で渡して退場しようとする茶目っ気を見せ、ファンを沸かせた。

「御曹司ボーイズ」は4月28日より放送。「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」、ドラマ「ホリデイラブ」の渡辺千穂が脚本を手がけ、監督には川村泰祐、酒井麻衣、大塚徹が名を連ねる。

AbemaTV 3周年オリジナル連続ドラマ「御曹司ボーイズ」

2019年4月28日(日)22:00スタート 毎週日曜放送
番組URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/D4DhVZDVdMNCZm
※初回は一挙4話放送、翌週以降は2話ずつ配信

(c)AbemaTV

映画ナタリーをフォロー