映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

藤原啓治と矢島晶子が悪役熱演、原恵一「バースデー・ワンダーランド」本編映像

76

「バースデー・ワンダーランド」

「バースデー・ワンダーランド」

原恵一の最新作「バースデー・ワンダーランド」より、藤原啓治矢島晶子が声を当てる悪役キャラクターに焦点を当てた本編映像がYouTubeにて公開された。

柏葉幸子の小説「地下室からのふしぎな旅」をアニメ化した本作は、誕生日に異世界へと連れて行かれた少女の冒険を描くファンタジー。アニメーション映画初主演となる松岡茉優が、“幸せな色に満ちたワンダーランド”の救世主にされてしまう主人公アカネに声を当てた。

藤原が演じるザン・グと矢島が声を当てるドロポは、ワンダーランドの人々から恐れられる存在。映像には、アカネが泊っている宿に食料と水を奪いにやってきたザン・グとドロポの姿が収録された。アカネが2人の悪行に何もできず、ただ見て見ぬふりをしてしまうシーンとなっている。

「クレヨンしんちゃん」シリーズにおける、野原ひろしとしんのすけの初代声優として知られる藤原と矢島。原とは27年来の付き合いで「河童のクゥと夏休み」「カラフル」「百日紅~Miss HOKUSAI~」にも参加している。2人のキャスティングについて、原は「ザン・グとドロポの悪役コンビは、藤原さんと矢島さんにぴったりだと思ったので演じてもらうことにしました。過去の作品にも出演してもらっていて、とても信頼している声優さんです。藤原さんにはワンダーランドの誰もが恐れているザン・グの怖さを表現してもらい、矢島さんは悪役だけどどこか憎めないドロポを演じてもらいました。ひろしとしんのすけとは真逆の悪役キャラを楽しみにしてほしいです」と語った。

「バースデー・ワンダーランド」は4月26日より全国ロードショー。

(c)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会

映画ナタリーをフォロー