映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

松本穂香×渋川清彦で「酔うと化け物になる父がつらい」映画化

225

左から田所サキ役の松本穂香、田所トシフミ役の渋川清彦。

左から田所サキ役の松本穂香、田所トシフミ役の渋川清彦。

菊池真理子によるマンガ「酔うと化け物になる父がつらい」の実写映画化が決定。松本穂香渋川清彦がダブル主演を務めるとわかった。

秋田書店のWebサイト・チャンピオンクロスにて連載されていた「酔うと化け物になる父がつらい」は、作者の実体験をもとにしたエッセイマンガだ。主人公は、アルコールに溺れる父と、新興宗教信者の母のもとに生まれた女性・田所サキ。彼女が、父の奇行に悩まされ、母の孤独に触れながら、崩壊していく家族の中でがむしゃらに未来を見つけていく姿が描かれる。サキを松本、サキの父・田所トシフミを渋川が演じた。映画およびドラマ「ルームロンダリング」の片桐健滋がメガホンを取り、ザ・プラン9の久馬歩が片桐とともに脚本を手がけている。

松本は「家族ってなんだろう。血の繋がりってなんだろう。そんな事を考えながら、酔うと化け物になる父を抱える娘、サキを演じました」とコメント。渋川は「片桐監督にしか出来ない、ポップで切なくユーモアがあり光のあるコ洒落タ作品にはなるだろう。どんな風に仕上げるか楽しみです」と期待を寄せている。片桐は「大好きな渋川さんと、ずっとお仕事したかった松本さんと11日間という濃密な現場をご一緒させて頂き、自分の中でも家族というものを掘り下げる機会に恵まれました。つらい実体験をユーモラスに昇華する原作の雰囲気を大事に撮影しました」と述べた。

映画化の発表にあわせて、原作者・菊池からコメント入りのイラストも到着。そのほかのキャストや主題歌情報などの詳細は続報を待とう。

松本穂香 コメント

家族ってなんだろう。血の繋がりってなんだろう。そんな事を考えながら、酔うと化け物になる父を抱える娘、サキを演じました。そこに答えはないのかもしれない、愛はないかもしれない、けれど未来はある。
この映画は、そんな事を感じさせてくれる映画だと思います。ぜひ、たくさんの方に観て頂きたいです。

渋川清彦 コメント

毎日が濃くていい現場だったのですが、なんか整理がつかずなんだか言葉にできない感じがある。でも片桐監督にしか出来ない、ポップで切なくユーモアがあり光のあるコ洒落タ作品にはなるだろう。
どんな風に仕上げるか楽しみです。

片桐健滋 コメント

大好きな渋川さんと、ずっとお仕事したかった松本さんと11日間という濃密な現場をご一緒させて頂き、自分の中でも家族というものを掘り下げる機会に恵まれました。
つらい実体験をユーモラスに昇華する原作の雰囲気を大事に撮影しました。
お酒を呑む方も呑まない方も、是非劇場でご賞味いただけると幸いです。
最後に、酒は呑んでものまれるな。

(c)「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会

映画ナタリーをフォロー