映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ポルノグラファー」続編に竹財輝之助ら歓喜、ラブシーンは「ドSが過ぎる」「野獣」

909

「ポルノグラファー~インディゴの気分~」トークイベントの様子。

「ポルノグラファー~インディゴの気分~」トークイベントの様子。

連続ドラマ「ポルノグラファー」の続編にあたる「ポルノグラファー~インディゴの気分~」。本作の第1話、第2話上映およびトークイベントが本日3月2日に東京・フジテレビ本社屋で開催され、キャストの竹財輝之助、吉田宗洋、猪塚健太が登壇した。

丸木戸マキの同名マンガをもとにした「ポルノグラファー」は、ポルノ小説家・木島理生と、大学生の久住春彦を中心としたラブストーリー。続編では木島と彼の編集担当・城戸士郎の物語が描かれる。竹財が木島、吉田が城戸、猪塚が久住をそれぞれ演じた。

500超の応募の中から100人が招待された本イベント。劇中の木島と同じく眼鏡姿で登場した竹財は、満席の会場を見回して「最高です。宝塚並みですね」とうれしそうにコメントする。そして本作の制作が決まったときの心境を「本当にうれしかった。続編を作ろうと大人たちを動かしたのは、ファンの皆さんだと思います」と感謝を込めて振り返りつつ、「とても緊張して、こんなに逃げたいと思った現場はありませんでした。木島理生ってどんな人だったかなと考えながら現場に入ったのですが、城戸と一言話したら『こんな感じだったな』と空気をつかめました」と正直に明かす。

吉田は「俺、竹財さんとキスするんだ……と考えながら撮影を待ってました」と話して笑いを誘ったあと、舞台作品への出演が多いことに触れながら「自分の芝居を映像で観ることは少ないので、このスクリーンに映るのが信じられなくて。ちょっと親父に似てきたなと思いました」とぽつり。猪塚は「みんなやったぜ!」と続編を喜び、「1、2話は春彦大活躍でしたね(笑)」と本イベントで上映されたエピソードには自身の出演シーンがないことに冗談交じりで言及した。

撮影エピソードにまつわる話題になると、竹財は「城戸との絡みですね。城戸というより“吉田”がだいぶ出てきて。吉田がテンション上がっちゃったんだろうなあ」と笑う。吉田はすかさず立ち上がり「その節は大変失礼しました!」と深く頭を下げるが、竹財は「冬にヌーディーな感じで撮影したのですが、(吉田は)防寒着を一切着ないんですよ。『僕めっちゃ暑いんで大丈夫です!』って」となおも暴露。すると吉田は「ランナーズハイ状態だったんでしょうね」と照れ笑いを浮かべ、「木島と何度も体を重ねるシーンではなかなかカットの声がかからなくて、攻めるところがなくなってきて。気持ちが入って、最後は竹財さんの喉をグッと噛んでしまいました」と告白する。その言葉に竹財は「ドSが過ぎるぞ……」と、猪塚は「野獣ですね!」と返していた。

イベントの中盤には、丸木戸がサプライズ登場して観客を大いに喜ばせる。ファンが選ぶ「ポルノグラファー」の印象的な場面ランキングの第5位に、第6話の久住と木島のキスシーンがランクインした際には、丸木戸は「息を止めながらモニターを見ていました」と撮影を見学したときのことを回想した。また、1位に選出された久住と木島のベッドでのキスシーンを、キャスト2人は「めちゃめちゃ歯磨きしたよね」と懐かしみ、竹財は「三木康一郎監督に『舌を入れるのがちょっと早いんだよね』と言われて」と続ける。丸木戸は同シーンに「こんなキスシーンは観たことないと思いました。三木監督のキスシーンは信頼が持てる!」と賛辞を送った。

最後に猪塚は「作品を楽しみながら盛り上げていただけたらうれしいです」と、吉田は「男同士の体が重なり合うところがたくさん出てきますが、それだけじゃない。城戸が木島に惹かれていくところを大切に演じました」と作品をアピール。竹財は「『ポルノグラファー』を観ていただいた方のおかげで『インディゴの気分』ができあがったと心から感謝しています。どうか最後まで楽しんでください」と観客に呼びかけ、イベントの幕を引いた。

「ポルノグラファー~インディゴの気分~」は、FODで配信中。毎週水曜24時に最新話が公開される。

(c)丸木戸マキ/祥伝社 フジテレビジョン

今週の動画PR

  • 「映画プリキュアミラクルユニバース」
    「プリキュア」シリーズの映画最新作では、劇場版の応援アイテム “ミラクルライト”の秘密が明らかに!? そんなライトを使った楽しみ方をご紹介。

映画ナタリーをフォロー