映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

松本人志が宇治茶の最新作「バイオレンス・ボイジャー」でナレーション担当

90

左上から時計回りに悠木碧、田中直樹、藤田咲、高橋茂雄、松本人志、田口トモロヲ、小野大輔。

左上から時計回りに悠木碧、田中直樹、藤田咲、高橋茂雄、松本人志、田口トモロヲ、小野大輔。

「燃える仏像人間」の宇治茶が監督、脚本など1人6役を担当した「バイオレンス・ボイジャー」の公開日が5月24日に決定。ナレーターとして、松本人志ダウンタウン)が特別出演していることがわかった。

「燃える仏像人間」と同じく、アニメーションと劇画を融合した“ゲキメーション”という手法で制作された本作。日本の山奥の村に住むアメリカ人少年ボビー、彼の友人あっくん、飼い猫デレクが、恐怖のアトラクションに姿を変えた娯楽施設“バイオレンス・ボイジャー”を舞台に冒険を繰り広げる。

悠木碧がボビー、高橋茂雄サバンナ)があっくんに声を当てた。またボビーの両親であるジョージとよし子役には、田中直樹ココリコ)と藤田咲。ボビーとあっくんの友人であるたかあきを小野大輔が演じている。そして田口トモロヲがバイオレンス・ボイジャーを運営する古池の声を担当した。

「バイオレンス・ボイジャー」は東京のシネ・リーブル池袋ほか全国順次ロードショー。なお本作は、ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭のコンペティション部門にて審査員特別賞を受賞している。

(c)吉本興業

今週の動画PR

  • 「映画プリキュアミラクルユニバース」
    「プリキュア」シリーズの映画最新作では、劇場版の応援アイテム “ミラクルライト”の秘密が明らかに!? そんなライトを使った楽しみ方をご紹介。

映画ナタリーをフォロー