映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

西野七瀬の卒業とシンクロした「電影少女」撮り下ろしエピソード放送決定

958

天野アイ役の西野七瀬。

天野アイ役の西野七瀬。

西野七瀬乃木坂46)と野村周平がダブル主演を務めるドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- 特別編」が、2019年1月18日に放送されることがわかった。

「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- 特別編」は、2018年1月クールにテレビ東京系で放送された土曜ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」のスピンオフ。「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」は、桂正和のマンガ「電影少女」から25年後の現代を舞台に、高校生・弄内翔とビデオテープから飛び出した少女“ビデオガール・アイ”の奇妙な共同生活が描かれた。

特別編は、乃木坂46を年内で卒業する西野のために書き下ろされた“卒業”とシンクロしたスペシャルエピソードで、アイが翔との別れを自分なりに受け入れるきっかけとなった、幻のエピソードが展開する。野村が弄内翔、ビデオガール・天野アイを西野が演じるほか、飯豊まりえ清水尋也大友花恋村上淳戸次重幸もキャストに名を連ねた。「桐島、部活やめるってよ」の喜安浩平、ドラマ「新宿セブン」の山田能龍が脚本、ドラマ「下北沢ダイハード」の関和亮が監督を担当する。

1年ぶりに天野アイを演じた西野は「演じた時から約1年空いてしまったので、はじめはすぐまたアイちゃんを演じられるか不安でしたが、2日間の撮影日数だったので、あっという間に終わってしまったという感じです」と振り返り、「懐かしいなって思いながら、スピンオフの物語を楽しんでいただけたらいいなと思います!」とメッセージを寄せた。

「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- 特別編」

テレビ東京系 2019年1月18日(金)24:52~25:23

西野七瀬 コメント

1年ぶりに天野アイを演じてみて

アイちゃん特有のハイテンションなシーンは、懐かしいなって思って演じました。

演じた時から約1年空いてしまったので、はじめはすぐまたアイちゃんを演じられるか不安でしたが、2日間の撮影日数だったので、あっという間に終わってしまったという感じです。

スピンオフの撮影について

今回は子役の子とお仕事をすることになって、今まで子役の子とあんまりお仕事をする機会がなかったし、男の子だったのでどう接していいんだろうと思いました。

アイちゃんって “俺”っていうし、少年ぽさを大事にしているんですけど、男の子と一緒にやるとどうしてもお姉さんぽくなっちゃうので、そこが苦戦しました。

監督は関さんだし、撮影部さん、照明部さんにも前回と同じ方がいらっしゃったりしたので、知っている顔がいてすごく安心しました。

天野アイを演じて、ここ1年で周りや家族からの反響

ファンの人からは、「新たななぁちゃん(西野七瀬の愛称)が知れました」とか、「(ストーリーの中で)アイちゃんが消えちゃうっていうのが悲しいです」という声をいただきました。

家族とはあんまり仕事の話をしないし、自分からは聞かないので、どうだったんですかね(笑)。

自分に取って「電影少女」はどんな作品か

普段の自分とアイちゃんって性格とかテンションとか全然違うんですけど、アイちゃんを演じられたことによって、自分の中でのお芝居のふり幅が広がったのかなって思います。

あと、こんなに可愛い衣裳と髪型って珍しくて、なかなか見ないじゃないですか!

そんなアイちゃんを演じることができたのがすごく嬉しいです。

視聴者へメッセージ

約1年ぶりにアイちゃんが帰ってきます!

懐かしいなって思いながら、スピンオフの物語を楽しんでいただけたらいいなと思います!

五箇公貴(テレビ東京 プロデューサー)コメント

3か月間の再生期間を終えるとビデオテープに戻らなくてはいけない運命にある少女、ビデオガール・アイとテープを再生した少年・翔とのピュアなラブストーリーを描いた「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」。
今年1月クールにテレビ東京とAmazon Prime Videoで放送し、主人公の翔役、野村周平や天野アイ役、乃木坂46西野七瀬の熱演が評判を呼び、深夜番組としては異例の大ヒットという結果を産み出しました。
そして先日、天野アイ役の西野七瀬が乃木坂46からの卒業を発表しました。
だから我々は、“最愛の人を遺して一人この世から消えてしまうという運命を、自分で考え受けいれていくビデオガール”という、ドラマでは描かれなかったエピソードを制作しました。
関監督をはじめスタッフが1年ぶりに集結し、1年前と全く同じロケ場所でまるで同窓会のように和気あいあいと撮影は行われました。でも一つだけ違うのは西野さんが乃木坂を卒業すること。
そんな彼女の演じた“最期の天野アイ”の笑顔には神々しさすら漂っていました。
余命3か月のビデオガールを現役トップアイドルが演じるという、フィクションと現実のシンクロはついに到達点を迎えます。
この瞬間はもう二度と見られません。
西野七瀬の最高潮の輝きを是非その目に焼き付けてください。

(c)『電影少女 2018』製作委員会 (c)桂正和/集英社

映画ナタリーをフォロー