小倉優香が園子温の賛辞に「うれしすぎます!」、坂口拓は「本物の忍者は俺だけ」

280

レッド・ブレイド」の初日舞台挨拶が本日12月15日に東京・シネマート新宿で開催され、キャストの小倉優香搗宮姫奈花影香音岩永ジョーイ美音咲月坂口拓、原案を担当した園子温が出席した。

「レッド・ブレイド」初日舞台挨拶の様子。

「レッド・ブレイド」初日舞台挨拶の様子。

大きなサイズで見る(全14件)

小倉優香

小倉優香[拡大]

「レッド・ブレイド」初日舞台挨拶の様子。

「レッド・ブレイド」初日舞台挨拶の様子。[拡大]

大きな拍手を浴びながら登壇した小倉は「過酷な撮影が短い期間で形になり、皆さんに見ていただけてうれしいです!」とにこやかに挨拶したあと、「ずっとダンスをやっていたから、アクションもできるなと思っていたんです。でも現場へ行ったら全然できなくてショックを受けて……一生懸命練習しました」と撮影時を回想する。坂口が「走るのが下手くそだったんだよね」と声をかけると、小倉は「走るシーンはたくさんカットされました」と照れ笑い。その言葉を受けて、坂口は「編集という忍術を使いましたね(笑)」とジョークを交えながらも「ポテンシャルがよかった」と小倉をたたえる。さらに坂口は、忍者の衣装姿のキャストたちを見回しながら「ここにいる中で本物の忍者は俺だけなので……」とコメントして観客の笑いを誘った。

園子温

園子温[拡大]

園は「タクちゃん(坂口)と酒を飲んでいるうちに、よし今から(原案を)書こう!となって。いつか映画になればいいねというつもりだったから、映画化されると聞いてびっくりしました」と話したあと、本日初対面だという小倉に「素晴らしい。坂口拓の指導のもとで、花開いてるなと」と映画の感想を伝える。園に憧れているという小倉は「うれしすぎます!」と弾けんばかりの笑顔を見せた。

石原貴洋がメガホンを取った本作は、江戸時代の伊賀へタイムスリップした女子高校生・マコの戦いを描くアクションエンタテインメント。全国の劇場で上映中。

この記事の画像・動画(全14件)

関連記事

小倉優香のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2018「レッド・ブレイド」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 レッド・ブレイド / 小倉優香 / 搗宮姫奈 / 花影香音 / 岩永ジョーイ / 美音咲月 / 坂口拓 / 園子温 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。