BiSHやギャンパレが所属、WACKのオーディション追ったドキュメンタリー公開

59

ドキュメンタリー「世界でいちばん悲しいオーディション」が2019年1月11日に公開されることがわかった。

「世界でいちばん悲しいオーディション」

「世界でいちばん悲しいオーディション」

大きなサイズで見る(全6件)

「世界でいちばん悲しいオーディション」キービジュアル

「世界でいちばん悲しいオーディション」キービジュアル[拡大]

本作はBiSHGANG PARADEが所属するWACKが主催した合宿形式のオーディションに密着したもの。長崎の離島・壱岐島を舞台にアイドルを目指す少女24人が、歌、ダンス、マラソン、スクワット対決、人生ゲームなどの課題に挑戦しながら、アイドルになりたい一心で走り続けるさまが収められた。オーディション候補生のほか、BiSH、BiS、GANG PARADE、EMPiREのメンバーも出演している。「劇場版 アイドルキャノンボール2017」でカメラマンを担当した岩淵弘樹が監督を務めた。

「世界でいちばん悲しいオーディション」

「世界でいちばん悲しいオーディション」[拡大]

「世界でいちばん悲しいオーディション」

「世界でいちばん悲しいオーディション」[拡大]

あわせて公開されたキービジュアルには「アイドルってこんなに辛い状態にならないとなれないんですか? 理不尽です」というコピーが写し出されている。プロデュースを担当した渡辺淳之介は「何者でもない素人の女の子たちがはじめて自分というものを見つめ、人にさらされることによって、学校では味わえない社会の理不尽さに対峙することになります。その葛藤、努力、諦めの感情の揺れ動きがわかりやすくこの映画では見えると思います」とコメントした。

「世界でいちばん悲しいオーディション」は東京・テアトル新宿ほか、全国で順次公開される。

渡辺淳之介 コメント

自分自身が天才にはなれない、どうしようもなく偽物であることへの失望を思春期にずっと感じていて、なにものにもなれない自分に劣等感を感じ続けてきました。WACK合宿オーディションはさながらアイドル版「フルメタルジャケット」。軍人になるのではなくアイドルになるべく一週間で即時育成するブートキャンプです。何者でもない素人の女の子たちがはじめて自分というものを見つめ、人にさらされることによって、学校では味わえない社会の理不尽さに対峙することになります。その葛藤、努力、諦めの感情の揺れ動きがわかりやすくこの映画では見えると思います。

この記事の画像(全6件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

BiSHのほかの記事

リンク

(c)WACK INC

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 世界でいちばん悲しいオーディション / BiSH / BiS / GANG PARADE / EMPiRE / 岩淵弘樹 / 渡辺淳之介 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。