映画「クワイエット・プレイス」 PR

BiSHが語る「クワイエット・プレイス」|リンリン、チッチ、アイナが“音を立てたら即死”のホラーを鑑賞!怖いだけじゃない魅力とは

「音を立てたら、即死。」──。インパクト抜群のキャッチコピーが話題を集めるサバイバルホラー「クワイエット・プレイス」が9月28日に全国公開される。

本特集では、BiSHのリンリン、セントチヒロ・チッチ、アイナ・ジ・エンドにこの注目作を鑑賞してもらった。おびえながら試写室に入った3人だが、観終わると口をそろえて「感動しました!」と絶賛。ホラー要素だけではない魅力とは? 生き残れそうなBiSHのメンバーは? 鑑賞直後の3人に感想を聞いた。

取材・文 / 金須晶子 撮影 / 草場雄介

BiSHのリアクション付き!「クワイエット・プレイス」イントロダクション

  • 「クワイエット・プレイス」
  • 「音から恐怖を感じる」というリンリン。鑑賞中は耳を塞いでしまう瞬間も。
  • ホラー映画フリークのセントチヒロ・チッチ。怖さより好奇心が勝るようで、思い切り怖がりながらも鑑賞を楽しんでいた。
  • 「クワイエット・プレイス」
  • 家族愛を描いた作品が好きだというアイナ・ジ・エンドは、恐怖と感動をどちらも存分に堪能。
  • 「クワイエット・プレイス」
  • 緊張感たっぷりの本作を、劇中と同じく息を潜めて観ていた3人。いったいどんな感想が飛び出すのか……!?
  • 「クワイエット・プレイス」

リンリン×セントチヒロ・チッチ×アイナ・ジ・エンド インタビュー

左からリンリン、セントチヒロ・チッチ、アイナ・ジ・エンド。

怖いけど観たい気持ちが勝っちゃう(チッチ)

──本日は“新感覚サバイバルホラー”と銘打たれた新作映画「クワイエット・プレイス」を観ていただきました。チッチさんはもともとホラー映画がお好きなんですよね?

セントチヒロ・チッチ

セントチヒロ・チッチ はい。「ホステル」シリーズを観てからスプラッター映画にハマって、昔TSUTAYAで働いていた頃に観まくりました。スカッとしてストレス発散になるので。そこから心霊とかゾンビとか宇宙人ものにも手を伸ばしたり。怖いけど観たい気持ちが勝っちゃうんです。

──ほかのお二人はホラー映画に耐性はありましたか?

アイナ・ジ・エンド 私の場合は、昔からお母さんがホラー映画大好きだったんです。毎晩グロテスクな映画をレンタルしては、焼き鳥を食べながら観ていて(笑)。そんな母の姿をずっと見ていたので、ホラー映画にも慣れてはいました。

リンリン 私は最近だと「アイアムアヒーロー」を観ました。その日はずっと怖くて、電車で隣の人が立ち上がると「ゾンビだ!」ってびっくりして。本当に怖いのは無理なんです……。

──そうだったんですね……。では「クワイエット・プレイス」も観る前に覚悟が必要だったのでは?

リンリン まずは予告を観たんですけど、「しゃべっちゃいけない」っていう設定で。私は(BiSHの)無口担当なので、自分だったら生き残れるんじゃないかなって思ってました。

──実際に映画を観ていかがでしたか?

リンリン 無理でした。すぐ死にます。

アイナ うん、絶対すぐ死ぬよ(笑)。

家族のドラマが心に残った(アイナ)

──上映中は3人とも手で目を覆ったり、スクリーンから目をそらしている姿が見受けられました。予想通りの怖さでしたか?

チッチ 「ドント・ブリーズ」みたいなのかな?と思っていたけど、また違う怖さ。でも、やっぱりドキドキしちゃって心臓に来ました。

「クワイエット・プレイス」

リンリン 何回も驚いてビクッってなりました。ドキドキしながら観てるから、お姉ちゃんを見つけた弟が突然現れるところとか、なんでもないシーンでもビビっちゃった(笑)。でも意外と怖いばっかりじゃなかったかも。

アイナ ホラーって結末が地獄だったりするじゃないですか。未来ないじゃん、みたいな。でもこの映画は観終わったあと、家族のドラマが心に残りました。ただのホラーを観たのとは違った。

チッチ 私も。どっちかと言うとホラーより家族愛の物語だったなって。家族以外の人物がいきなり出てきたシーンはめっちゃ怖かった!

アイナ あと普通に考えて、あの状況で出産を目前に控えてるっていうのもヤバい。家族が出かけて、お母さんが家で1人になったときの緊迫感が半端なかった!

──近年のホラーやスリラー系のヒット作と言えば「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」「ゲット・アウト」などが挙げられます。この「クワイエット・プレイス」もアメリカで大ヒットしたんですが、その要因はなんだと思いますか?

「クワイエット・プレイス」

チッチ 設定の面白さはもちろんですが、リアルさが伝わってくるところですかね。監督(ジョン・クラシンスキー)自身が主演しているし、しかも奥さん役の女優さん(エミリー・ブラント)と本当に夫婦だと聞いて驚きました。旦那さんの演技は、奥さんに対するリアルな気持ちなんだろうなって思いました。

アイナ 役者さんたちの目がびっくりするくらい嘘ついてないよね。涙のシーンもリアルだし。むしろ演技してない。自分もその場にいるような気がしました。

──登場人物がほぼ家族4人だけという点も新鮮ですよね。

リンリン そのおかげでドラマにのめり込みやすかったです。怖いシーンはいっぱいありましたけど、家族の愛情にもちゃんと目が行きました。