映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「メサイア」新作初日に杉江大志ら集合、宮城紘大は“たくあん”の犯人を告白

770

「メサイア ―幻夜乃刻―」初日舞台挨拶の様子。

「メサイア ―幻夜乃刻―」初日舞台挨拶の様子。

「メサイア ―幻夜乃刻―」の初日舞台挨拶が、本日11月17日に東京・シネマート新宿にて開催され、キャストの杉江大志橋本真一宮城紘大鈴木身来井澤勇貴、内田裕也、波岡一喜、監督の山口ヒロキが登壇。小谷嘉一がMCとしてイベントの進行役を務めた。

本作は“サクラ”と呼ばれる男性スパイたちの姿を描くメサイア・プロジェクトの最新作。2018年4月に上演された舞台「メサイア ―月詠乃刻―」の直後の物語が展開していく。大きな拍手で観客に迎えられた杉江は「うれしい限りです。撮り終わってから公開日の今日まで、今作がどう受け入れられるかちょっと不安もあったので、すでに観ていただいているというのがうれしいです」と挨拶する。

一嶋を演じた「メサイア」シリーズ常連の内田は、本作からの新キャストに触れ「入ってくる人たちはみんなカッコいいし、芝居もできるし、どんどん(自分の)影が薄くなっていく」とぼやく。すると波岡がすかさず「前作の舞台を観たんですが、一嶋ってめちゃくちゃ強い役で、過去に何かあったんでしょうね。その過去のストーリーを『一嶋乃刻』として映像化してもらって……」とフォロー。リュカ役でシリーズ初参戦を果たした鈴木は「架空の国のキャラということで設定がざっくりしていて、どうなるかわからなかったんです。すでにできあがっているシリーズにどう入ればいいか不安だったけど、温かく迎えてもらいました」とコメントした。

完成披露舞台挨拶の際、購入したてのiPhoneにたくあんを乗せられたというエピソードを披露した宮城。このイベントでは「犯人、この人でした!」と隣の橋本を指差し、会場に笑いを起こした。

そのほか舞台挨拶では、杉江が「有賀と加々美という役は、とても愛されてきたと思います。今作を観ていただいた方は、次回作も気になる内容になっていると思いますので、引き続き『メサイア』シリーズをよろしくお願いします」とアピール。4年前からシリーズに携わっている井澤は「後輩がどんどんと入って新しい風を吹かせてくれることで、今後がすごく楽しみなシリーズです」と期待を込める。そして山口は「謎が多い作品なので、広めていただくときに気を使うと思いますが、ぜひ周りの方々に紹介してください」と観客に訴えかけた。

(c)MESSIAH PROJECT (c)2018 映画メサイア幻夜乃刻製作委員会 (c)2019 舞台メサイアトワイライト製作委員会

映画ナタリーをフォロー