映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

満島ひかり、江戸川乱歩ドラマ第3弾で3人の女演じ分け「映像の中で遊んだ」

1442

ドラマ「満島ひかり×江戸川乱歩」会見に出席した満島ひかり。

ドラマ「満島ひかり×江戸川乱歩」会見に出席した満島ひかり。

ドラマ「満島ひかり×江戸川乱歩」が12月30日にNHK BSプレミアムで放送される。その試写会が本日11月14日に東京・NHK放送センターで行われ、主演の満島ひかりが会見に出席した。

本作は江戸川乱歩の短編を映像化するシリーズの第3弾。今回は「お勢登場」「算盤が恋を語る話」「人でなしの恋」が選ばれた。演出は佐藤佐吉森ガキ侑大、渋江修平がそれぞれ担当。満島は妖艶な悪女、地味な事務員、嫉妬に狂う若妻という3人の女を演じ分ける。

満島の「明智小五郎を演じてみたい」というリクエストから生まれた同シリーズ。第3弾では初めて3本とも女性の役を演じたが、満島は「私としては明智に戻りたくて。女性ばかり演じるのは嫌だ嫌だと言い続けていました(笑)」と打ち明けた。しかしこれまで同様、撮影は刺激に満ちていたようで「現場にはドラマも映画も作ったことのないスタッフさんがいっぱい。照明は倒れるわ、録音機材は踏まれるわ(笑)。でもその感じが面白い。スタイリストさんやメイクさんも自由にやられていて、『お勢登場』ではお金持ちを小馬鹿にした感じの衣装だったり。みんなでゲラゲラ笑いながら撮っていました」と述懐。「若い方にも、テレビの始まりの時代を見てきた映像ファンの方にも、新しいものを届けたいと思っています」と強い意志をのぞかせた。

満島は3人のヒロインを演じるだけでなく「お勢登場」の劇中歌や「人でなしの恋」の朗読、さらに3作品をつなぐ幕間映像の演出も担当している。満島は本シリーズにおいて「映像の中で遊ぶ」ことができると話し、「普通に作れば一番いいんでしょうけど。似たスタイルの作品作りが増えている中、手探りで作っていくのが面白い。監督たちの発想も三者三様でまるで違って、予期せぬ発想が出てきたり。どういう撮り方をするか想像できないんです」と目を輝かせた。

なお「お勢登場」には宮藤官九郎、「算盤が恋を語る話」には岩井勇気(ハライチ)、「人でなしの恋」には高良健吾が相手役として登場。満島は岩井との共演を「お芝居に参加する姿がピュアで、私も初めて(演技を)やった頃を思い出しました」と振り返り、また高良の出演については「一言もしゃべらない役。『その美しい骨格をこの作品にお貸しください』と(笑)。ただただ高良さんが美しいです」と明かした。

満島ひかり×江戸川乱歩

NHK BSプレミアム 2018年12月30日(日)23:30~24:59

映画ナタリーをフォロー