映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

吉岡里帆が涙目、阿部サダヲと「音タコ」主題歌を大緊張の熱唱

95

「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」“一夜限りのライブイベント”にて、左から阿部サダヲ、吉岡里帆。

「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」“一夜限りのライブイベント”にて、左から阿部サダヲ、吉岡里帆。

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」“一夜限りのライブイベント”が、東京・TOHOシネマズ 新宿で10月18日に行われ、キャストの阿部サダヲ吉岡里帆が登壇した。

三木聡が原案・監督・脚本を担当した本作は、阿部演じる驚異の歌声を持つロックスター・シンと、吉岡扮する異様に声の小さいストリートミュージシャン・明日葉ふうかの出会いを描いたロックコメディ。イベントでは阿部と吉岡が、あいみょん書き下ろしの主題歌「体の芯からまだ燃えているんだ」をサプライズでデュエットした。

2人は観客の「シン&ふうか」コールに迎えられて登場。阿部と声のチューニングを済ませて歌い出した吉岡は「緊張しすぎて……もう1回やらせてください!」と仕切り直すも、ギターをかき鳴らして見事な熱唱を届ける。グループ魂のボーカル・破壊としても活躍している阿部も、歌いながら会場を駆け巡り全力のパフォーマンスを届けた。

阿部は「冒頭1分ですべてを出し切った」と笑わせつつ「リハーサルのほうがよかったという感じ。お客さんがいると逆になんだかわからなくなった。リードを外された犬のような気持ちです」と緊張気味であることを明かす。吉岡は涙を目に浮かべながら「皆さんが温かく迎え入れてくれたのでなんとか歌えました。もうステージに出る前から涙が上がったり下がったり……その繰り返し!」と吐露。すると阿部は「登場の際の『シン&ふうか』の煽り? あれはやめてほしかった。それまでは平気だったのに、コールを聞いてから急に緊張が……。やめてほしいなー!」と緊張を観客のせいにして笑いを起こした。

最後に吉岡は本作のテーマである「やらない理由を見つけるな」を引き合いに出して「ギターも歌も皆さんの前で披露するのは初めてで、こんなに緊張することがあるんだとビックリしたけれど、やれてよかったと思います。やらないよりはやったほうがいい!」と自分に言い聞かせるように口にする。そして「もし何かやりたいことがあっても一歩踏み込めないような人がいたら……」と呼びかけてマイクを置き、「このまま終わりじゃもったいない!」と絶叫でアドバイス。「みんな大好きー!」と声を響かせてイベントを終えた。

「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」は全国で上映中。

(c)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

映画ナタリーをフォロー