映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

パートがんばれタコ!阿部サダヲが「音タコ」舞台挨拶で観客を叱咤激励

334

「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」舞台挨拶の様子。

「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」舞台挨拶の様子。

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」の舞台挨拶が本日10月21日に大阪・TOHOシネマズ なんばで開催され、キャストの阿部サダヲ吉岡里帆、監督の三木聡が登壇した。

本作は、阿部演じる驚異の歌声を持つロックスター・シンと、吉岡扮する異様に声の小さいストリートミュージシャン・明日葉ふうかが出会ったことから展開するコメディ。吉岡はイベント冒頭で「おはようございます。吉岡里帆です。よろしくお願いします」と劇中さながらの小声で挨拶し、会場に笑いを起こす。

今作が三木組への初参加となった阿部は「稽古やリハーサルを念入りにして作り込まれている。三木監督の世界ってこんな感じでできていくんだなと思いました」と印象を語る。吉岡は「今回ギターと歌を撮影前から練習していて。音楽を準備するのは新鮮だったし、楽しかったです」と準備期間を経て臨んだ撮影を振り返った。

司会者から映画を作ったきっかけを尋ねられた三木は「昔バンドをやっていたときに、ロックバンドを題材とした映画を作りたいと思った」と回想。「ロックを歌っている人の声が大きいのは思いの強さだと知り、面白いと思いました」と明かす。

続いて観客からの質問タイムに移ると、客席から吉岡にセリフのリクエストが寄せられる。サウンドトラックに収録されているセリフを希望された吉岡は、質問者の名前を叫びながら「勘違いは大事よ! 大抵のことは勘違いでできている。このまま終わりじゃ、もったいない!」と全力でシャウト。続いて阿部にも「パートをがんばれと罵ってほしい」との要望が。阿部は戸惑いながらも大声で「パートがんばれタコ!」と叱咤激励し、会場を笑いで包む。その後も質問コーナーのはずが、いつの間にかリクエストタイムと化したイベントにて、阿部と吉岡は観客からのさまざまな要求にハイテンションで応じていた。

最後に吉岡は「大阪の皆さんのおかげで楽しい時間となりました。また帰ってきたいです! そのときは質問してください!」と笑顔で挨拶。そして阿部が「僕もパートとか大変な時期がありましたけど、今こうやって主演として舞台に立っています。ぜひ映画をご贔屓にしていただければ」と呼びかけ、舞台挨拶は終了した。

「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」は全国で公開中。

(c)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

映画ナタリーをフォロー