映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「若おかみは小学生!」ディレクターズカット制作はある?高坂希太郎「許されれば」

532

映画「若おかみは小学生!」トークイベントの様子。左から豊田智紀、高坂希太郎、齋藤雅弘。

映画「若おかみは小学生!」トークイベントの様子。左から豊田智紀、高坂希太郎、齋藤雅弘。

映画「若おかみは小学生!」のトークイベントが本日10月5日に東京・新宿バルト9で開催され、監督の高坂希太郎、プロデューサーの齋藤雅弘と豊田智紀が登壇した。

令丈ヒロ子の児童文学をもとにする本作は、両親を亡くし祖母が営む温泉旅館「春の屋」で暮らすことになった小学6年生の少女、通称おっこが、幽霊のウリ坊や周囲の人々に助けられながら若おかみとして奮闘する物語。「たまこラブストーリー」「映画『聲の形』」などで知られる吉田玲子が脚色、音楽を鈴木慶一が担当した。

公開後に口コミで話題を呼び、「君の名は。」の監督・新海誠もTwitterで称賛した本作。高坂は「作っているときから、豊田プロデューサーと『あまりお客さんが入らないんじゃないか』と話していました」と率直に述べ、「児童文学には触れてこなかったし、こういう目の大きいキャラクターにも接点がなかったので『なんで私が若おかみ』という感じで引き受けたんです」と続けて笑いを誘った。司会から「会場を見渡しても大人のお客さんが多いですが、今のこの盛り上がりに対してどう思っていますか?」と問われると、高坂は「作ってよかったとしみじみ思っています」とコメント。「いろいろな方の意見やアドバイスをいただきながら作った、奇跡のような作品です。原作者の令丈ヒロ子さんのアドバイス、吉田玲子さんの素晴らしい脚本、プロデューサーの『最後にもうちょっと大きな盛り上がりがあったほうがいいんじゃないか』という意見。自分が野放図に作ったら全然違うものになったのではないかと思っています」と語る。

齋藤は「原作は児童文学なので小学生の女の子に人気がありますが、今ここにいらしてる方は男性が多くて、登壇者も男性ばかり(笑)。映画は広い性別や年齢の方に受け入れられているので、大変なこともありましたが、世に送り出してよかった」と述懐。豊田は「企画が始まったときは『高坂さんがこれやるの?』って言われましたが、それから3年経ってこうして作品ができあがったことに感無量です」と話した。

ホラン千秋演じる美人占い師、グローリー・水領というキャラクターについて「アニメファンに刺さっているようですが(笑)」と司会から聞かれた高坂はニッコリ。劇中でグローリー・水領が化粧をしているシーンとしていないシーンがあることから「ノーメイク、濃いメイク、緩いメイクにみんな反応してくれて『しめしめ』と思いました」と笑う。そして「風呂場のシーンでは眉をなくしたらいいんじゃないかと思ったんですが、スタッフの女性陣に『それは絶対駄目!』と言われて断念しました(笑)」と明かした。

トークでは、高坂からの「付け足したいシーンがある」という申し出をプロデューサー陣が却下したというエピソードが。Q&Aにて、観客の1人が「円盤(Blu-ray / DVD)になるときにディレクターズカットを作ったりはしないでしょうか?」と質問すると、高坂は「許されれば」と返答。齋藤は「(映画への)変わらぬ支援が続けば」と答えた。

別の観客は、東京・有楽町マルイで本作の原画展が開催されていることに触れ「素晴らしい資料がそろっているので、あれをまとめた形で出版してほしいです。あとサントラも」とリクエスト。齋藤は「Twitterは常にチェックしているので、反響の声は重々承知です。挿入歌にも興味を持っていただいているようなので、引き続きご支援をいただければ(笑)」とさらに観客からの支援を請う。最後に高坂は「皆さん、ご覧いただきありがとうございました」と改めて観客に感謝。「ご支援があればカットを追加したバージョンもできるかもしれないので、よろしくお願いします」と述べ、イベントを締めくくった。

「若おかみは小学生!」は全国で公開中。

(c)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会

映画ナタリーをフォロー