「DTC」山下健二郎が“メグミ”の手紙にデレデレ、監督は黒木啓司からの許可明かす

2746

DTC-湯けむり純情篇-from HiGH&LOW」の公開記念舞台挨拶が、本日9月29日に東京・丸の内ピカデリーにて開催され、キャストの山下健二郎佐藤寛太佐藤大樹ら16名が登壇した。

左から新井美羽、山下健二郎。

左から新井美羽、山下健二郎。

大きなサイズで見る(全41件)

「DTC-湯けむり純情篇-from HiGH&LOW」公開記念舞台挨拶の様子。

「DTC-湯けむり純情篇-from HiGH&LOW」公開記念舞台挨拶の様子。[拡大]

本作はダン、テッツ、チハルという山王連合会の3人・DTCを主役とした「HiGH&LOW」シリーズのスピンオフ作品。戦いに疲れバイク旅へ繰り出した3人が温泉宿でアルバイトするさまを、アクションなしで描く人情ドラマだ。

左から山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹。

左から山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹。[拡大]

佐藤寛太(前列中央)と佐藤大樹(前列中央右)の衣装が芸人のミキに似ていると話す山下健二郎(前列中央左)。

佐藤寛太(前列中央)と佐藤大樹(前列中央右)の衣装が芸人のミキに似ていると話す山下健二郎(前列中央左)。[拡大]

舞台挨拶の冒頭では、「HiGH&LOW」シリーズのナレーションで知られ、本作ではスナック風下のオーナー役で出演も果たした立木文彦が「Party Timeの始まりだ!」と観客を煽り、キャストたちも感嘆の声を漏らす。司会から公開を迎えた気持ちを問われたダン役の山下は「寛太がバチッと決めてくれますから!」と隣にいるテッツ役・佐藤寛太の肩をたたく。佐藤寛太は「最高です! ありがとうございます!」とあっさりコメントしてツッコまれるが、チハル役の佐藤大樹は「寛太らしくていいですね」とうなずいていた。

SMGメンバー。後列左から西村一輝、西川俊介、廣瀬智紀。

SMGメンバー。後列左から西村一輝、西川俊介、廣瀬智紀。[拡大]

ハイタッチするSMGメンバーの様子。

ハイタッチするSMGメンバーの様子。[拡大]

監督の平沼紀久は、White Rascals・SMGメンバーや達磨一家・達磨ベイビーズメンバーの役作りのため、本編とは別の短い脚本を用意したそうで「SMGには、福利厚生がちゃんとしているという話を書きました」と回想。MARCO役の廣瀬智紀はそれに感謝しつつ「おかげでやりやすかったです。クライマックスシーンではそれぞれ役回りがあって、僕は舞台監督、LASSIEは案内人、HEIDIは音響。なのでまとまったチーム感があったよね?……SMG、イエーイ」と、唐突にLASSIE役の西川俊介とHEIDI役の西村一輝にハイタッチを求める。また劇中では黒木啓司演じるROCKYの「Party Time」というセリフを受け継いでいることから、廣瀬は「台本にはなかったんですが、監督に『廣瀬あそこで言ってよ』と言われて。めちゃくちゃ緊張しました。僕らもRascalsを背負ってやって行きたいと思いました」と意気込む。なお佐藤大樹や平沼は黒木から「後輩がお世話になるからよろしく」と挨拶されていたという。さらに平沼は「(黒木と)ごはんを食べに行ったとき、『Party Timeって言わせていい?』と聞いたら『もちろん!』と言ってくれた」と裏話を明かした。

前列左から八木将康、天野浩成。

前列左から八木将康、天野浩成。[拡大]

達磨ベイビーズメンバー。後列左から水野勝、田中俊介、守屋光治、井澤勇貴。

達磨ベイビーズメンバー。後列左から水野勝、田中俊介、守屋光治、井澤勇貴。[拡大]

縦笛兄弟のカニ男役の八木将康と、尾沢役の天野浩成は、山下から「今日、縦笛は!?」と期待されるも「ないです……」と苦笑い。また達磨ベイビーズ・風太役の水野勝が、阿形役の守屋光治や吽形役の井澤勇貴とともに「達磨はいつもいいところで登場するので、僕らもインパクトのある登場シーンを残していきたいと思った」などと語っていると、雷太役の田中俊介が「BOYS AND MEN田中も同感です」と所属グループ名をあからさまにアピールして笑いを起こした。

山下健二郎(前列右)への手紙を読む新井美羽(前列中央)。

山下健二郎(前列右)への手紙を読む新井美羽(前列中央)。[拡大]

新井美羽から手紙を受け取った山下健二郎。

新井美羽から手紙を受け取った山下健二郎。[拡大]

山下は旅館“森田屋”の一人娘・メグミ役の新井美羽を見て「(本作で)一番かわいかったのは美羽ちゃんかなあ」と目を細め、佐藤寛太から「デレデレじゃないですか!」と笑われる。新井に「踊りがカッコよかった」と言われた山下は、「まあ、一応ダンスでごはん食べてるからね」とニヤニヤが止まらない様子。ダブル佐藤が「勉強教えてあげたもんね」「一緒に遊んだもんね」とアピールしながら「でも、誰が一番好きなんだっけ?」と聞くと、新井は「んー……ダン」と小声で恥ずかしそうに答え、大人たちを悶絶させた。ここで新井から山下へ、手紙のサプライズプレゼントが。新井は「オープンカーに乗っているとき、DTCの3人が野球とサッカーのどっちがモテるか争っていてとっても面白かったです」と笑いを起こしたのち、「ダンさんは私の憧れです。体に気を付けてがんばってください。健二郎ー! また遊んでね! 大好き!」と気持ちを伝える。それを受け山下は「いやーん……ありがとう……。危なかったわ、泣きそうになった」と感激した。

「DTC-湯けむり純情篇-from HiGH&LOW」公開記念舞台挨拶の様子。

「DTC-湯けむり純情篇-from HiGH&LOW」公開記念舞台挨拶の様子。[拡大]

終盤には平沼が本作のテーマを語り「SWORD地区はひとつのモラトリアムの世界なので、そこから出るということは何かしらの成長を描かなければと思いました。そしてここから先の『HiGH&LOW』にどう架け橋を渡していけばいいのかも考えました。でも、シリーズ化して松竹さんのお正月映画の定番にしたい、という気持ちが一番です!」と熱を込める。そして山下が「3週間限定公開なので、あと2週間と6日しかありません! 魂を込めて撮影もがんばったし、大樹は11回観たんだもんね。それくらい面白いし、毎回新しい発見のある映画だと思います」と観客に語りかけた。

「DTC-湯けむり純情篇-from HiGH&LOW」は全国で上映中。

この記事の画像(全41件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

山下健二郎のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2018「HiGH&LOW」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 DTC-湯けむり純情篇-from HiGH&LOW / 山下健二郎 / 佐藤寛太 / 佐藤大樹 / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE / 劇団EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE / EXILE / EXILE THE SECOND / DOBERMAN INFINITY の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。