ダニー・ボイル監督のミュージカルコメディにエド・シーランが本人役で出演

91

「トレインスポッティング」「スラムドッグ$ミリオネア」で知られるダニー・ボイルの監督最新作に、ミュージシャンのエド・シーランが本人役で出演すると、The Playlistなどが報じた。

エド・シーラン(写真提供:Famous / ACE Pictures / Newscom / ゼータ イメージ)

エド・シーラン(写真提供:Famous / ACE Pictures / Newscom / ゼータ イメージ)

大きなサイズで見る

タイトル未定の本作は、シンガーソングライターを主人公としたミュージカルコメディ。ある日主人公が目覚めると、世の中でザ・ビートルズのことを覚えている人間はなぜか彼1人だけに。彼はその知識を生かして、ビッグスターを目指していく。ドラマ「Damned(原題)」のヒメーシュ・パテルが主人公を演じ、「ベイビー・ドライバー」のリリー・ジェームズ、2016年版「ゴーストバスターズ」のケイト・マッキノンらも出演する。

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」などに出演経験のあるシーラン。この新作では本人役で出演し、主人公のことを見いだしてツアーに連れて行くという役どころを演じる。しかし彼の予想以上に、主人公はビッグになっていく。劇中にはシーランのライブシーンも収められる。

本作は、イギリスにて2019年9月13日に公開予定。日本での公開は未定だ。なおボイルは、一時「007」シリーズ最新作「Bond 25(原題)」への関与を認めたが、現在は同プロジェクトを離れてこのミュージカルコメディの制作にあたっている。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

関連記事

ダニー・ボイルのほかの記事

関連商品