映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

劇団EXILE総出演!SABU監督作「jam」12月公開決定、特報で青柳翔が踊る

1126

上段左から時計回りに鈴木伸之、青柳翔、町田啓太、佐藤寛太、野替愁平、八木将康、小野塚勇人、小澤雄太、秋山真太郎。

上段左から時計回りに鈴木伸之、青柳翔、町田啓太、佐藤寛太、野替愁平、八木将康、小野塚勇人、小澤雄太、秋山真太郎。

青柳翔町田啓太鈴木伸之劇団EXILEのメンバーが総出演するオリジナル映画「jam(ジャム)」が、12月1日に公開決定。YouTubeにて特報も公開された。

2018年1月1日にプロジェクト始動がアナウンスされていた本作。EXILE HIROがプロデュースし、「MR.LONG/ミスター・ロン」で青柳とタッグを組んだSABUが監督を務める。青柳、町田、鈴木、そして小澤雄太小野塚勇人佐藤寛太秋山真太郎八木将康、SWAYこと野替愁平の劇団EXILEメンバーに加え、「淵に立つ」の筒井真理子もキャストに名を連ねた。

本作のストーリーはまだ明かされていないが、このたび公開された特報には、大量の札束や凶器、覆面の男たちが登場する。また赤い衣装を着用し、マイクを持って踊る青柳の姿も。そして最後には「3つのストーリー、絡み合う男たちの運命」というテロップが映し出される。

このたび3人の主人公を演じる青柳、町田、鈴木からコメントが到着。青柳は「自分自身、俳優としても歌手としても成長できたかなと思える作品になっていると思います」と、町田は「僕は願いを叶えるためひたすら良い事をしたがる青年、タケルを演じさせていただきました」と話す。そして鈴木は「タイトルにある『jam』とは色々な人間模様などが交差するという意味も含まれた作品になっています! 一人一人のメンバーの個性も出ている作品になっていますので公開まで楽しみにしていただけたらと思います!」とタイトルの意味を語った。

「jam」は東京・新宿バルト9ほか全国でロードショー。

青柳翔 コメント

最近、劇団EXILEが全員で集まる機会が減っている中、久しぶりにみんなと一緒に仕事が出来た作品。自分自身、俳優としても歌手としても成長できたかなと思える作品になっていると思います。それぞれの想いがぐちゃぐちゃのジャムのように交錯しセッションする「jam」。12月1日の公開を是非、楽しみにしてください。

町田啓太 コメント

SABU監督のもと劇団EXILE初の全員出演の映画「jam」が完成しました。僕は願いを叶えるためひたすら良い事をしたがる青年、タケルを演じさせていただきました。劇団EXILEメンバー全員が揃い、ひとつの作品に挑戦させていただけて本当に嬉しかったですし、メンバーならではの一体感とそれぞれの個性が詰まった映画にもなっています。登場人物たちの思惑が交差し、絡み合う映画「jam」を公開まで是非楽しみにしていてください。

鈴木伸之 コメント

本日改めて発表になりました! 映画「jam」監督はSABU監督、劇団EXILE総出演!
タイトルにある「jam」とは色々な人間模様などが交差するという意味も含まれた作品になっています! 一人一人のメンバーの個性も出ている作品になっていますので公開まで楽しみにしていただけたらと思います! 今回特殊な役柄にチャレンジさせてもらいました!! 僕の役がどのように作品に交差するのか、そこも楽しんでもらえたらと思っています!!

(c)2018「jam」製作委員会

映画ナタリーをフォロー