ビデオパス PR

「OVER DRIVE」新田真剣佑×北村匠海|同世代のライバルが友情語るドライバー対談

「海猿」「MOZU」シリーズで知られる羽住英一郎の監督最新作「OVER DRIVE」が、6月1日に全国公開される。本作の題材は、公道を全開走行で駆け抜ける過酷な自動車競技“ラリー”。人車一体の“公道の格闘技”と呼ばれる世界で戦う若者たちの、絆と愛を描き出す。整備面でチームを支えるメカニックチーフ・檜山篤洋役で東出昌大、その弟である天才ドライバー・直純役で新田真剣佑が出演。ライバルチームのドライバー・新海彰を北村匠海が、篤洋のチームにやってきた新米メカニックの増田順平を町田啓太が演じている。

映画ナタリーでは本作の公開を記念し、新田と北村によるドライバー対談、そして東出と町田によるメカニック対談をそれぞれセッティング。前半では、新田が「こんなに奮い立たせてくれる同世代の役者は匠海だけ」「一生匠海と一緒に撮っていたい」と話すほどの熱い思いを、北村にぶつけてくれた。後半のメカニック対談は後日公開予定なのでお楽しみに。

取材・文 / 浅見みなほ 撮影 / 小原泰広

au ビデオパスなら映画・ドラマ・アニメが見放題。さらに劇場鑑賞料金が最大700円引き!

新田真剣佑×北村匠海 ドライバー対談

入り口は“お互いに役者として好き”(北村)

──お二人はこれまでもドラマ「仰げば尊し」などで共演されていますが、本作への出演が決まったときの気持ちや、お互いがライバル役だと知ったときの心境を教えてください。

北村匠海 まずお話をいただいたときに、羽住(英一郎)さんの映画に出られるということも、そこにマッケン(新田)がいることもうれしくて。あと僕はもともと“車”に憧れがあったので、ドライバー役ということにも感激しました。ドライバー役なんて、人生でそう何度も演じられるものではないですし。脚本を読んだ段階で男同士の熱い戦いみたいなものを感じて、喜びしか生まれないくらい「早くやりたいです!」という気持ちでした。現場でマッケンに会えるのも久々だったので、楽しみで仕方なかったです。

新田真剣佑

新田真剣佑 僕は早く兄貴(東出昌大)に会いたかったし、監督に会いたかったし、何より匠海に会いたかったですね。僕ら、3回くらい同じ作品をやっているんです。僕が出演したドラマ(「僕たちがやりました」)の主題歌を、DISH//が担当してくれたこともありますし。なので、また一緒にお芝居できるんだと思うとうれしかったです。「OVER DRIVE」はもう完成しましたが……(北村を見て)また一緒にお芝居したいな。

北村 そうだな。

──では、お二人がここまで仲良くなったきっかけは?

北村 お互いに役者として好きだっていう入り口だった気がしますね。

新田 「仰げば尊し」で共演したときに、匠海のお芝居を観て「わーっ。欲しい」と思って。

北村 第2話ね。そう言ってくれたのはよく覚えてる。

新田 匠海の役がメインの第2話が本当にいいエピソードだったんですよ。第3話は僕のメイン回だったので、プレッシャーになりました。でも匠海がそうやっていい空気を積み重ねていってくれたから、本当に刺激になった。「仰げば」を通して、一番刺激になった。

北村 「仰げば」の現場が終わるまで、ずっとそれ言ってくれてたもんね(笑)。

新田 そう、「北村匠海がすごくよかったんです」って。

北村 それはうれしいことですよね。僕はマッケンがメインの第3話を観て、逆に刺激を受けているので。

新田 (満面の笑みで)やめろよ。

北村 単純に喜んでるやん、素直だなあ(笑)。

本当に支えてもらっています(新田)

──お互いに俳優として、どういった部分に魅力を感じるのでしょうか。

新田 俺、北村匠海の芝居が大好きで。「君の膵臓をたべたい」を観て、本当に泣きました。主役って“普通の男の子”であることが多いけど、俺、普通の男の子とかできないんだよね。匠海は日本映画の主役の男の子としての芝居が素晴らしいし、向いていると思う。だから本当に……(映画界を)支配してほしい。

北村匠海

北村 僕が支配……?

新田 とにかく匠海が出ている映画は絶対に観るくらい、彼の芝居が大好きなんです。同世代として、こんなに奮い立たせてくれる役者が匠海しかいないんです。こうして共演できて光栄です、ありがとうございます!

北村 愛情が膨大!

──以前「ちはやふる -結び-」公開時に新田さんを取材したときも、ずっと北村さんのことを絶賛されていたんですよ。

北村 (新田を見て)なぜだ!?

新田 俺、ずっと北村匠海の話してるから。

北村 「ちはや」の話をせい(笑)。「ちはや」も観たよ、よかったよ。

新田 ありがと。俺、匠海の映画観ていいと感じたらすぐ言いますもん。映画館を出る前に電話してる。

北村 いやいや、僕もすごくマッケンの芝居が好きで……。

新田 (再び満面の笑みで)やめろよ。

「OVER DRIVE」より、新田真剣佑演じる檜山直純。

北村 ほら、人からあんまり褒められるとそういう感じになるでしょ! なんでお互いこんなに褒めちぎり合わなきゃいけないんだよ(笑)。マッケンは、「仰げば尊し」で共演したときもそうだったんですが、脚本で描かれていること以上の芝居をやってくれるんです。現場にいる僕らが肌で感じるマッケンの情熱やまっすぐさは、映像に滲んでいると思いますし。僕は小学校3年生の頃からこの仕事をやってきているから、マッケンとは違うタイプの役者ですけど、すごく刺激になる。この作品でも、マッケンがこの映画に懸けている思いを、きっと僕はライバル役として一番肌で感じていたと思います。現場ではとにかく付いて行くのに精一杯でした。彼はそれくらいストイックで、とにかくお芝居に対してまっすぐなんです。マッケンも言ってくれましたけど、それこそ同世代として、僕も芝居に対して同じような姿勢でいるから、いろいろ話せる関係なんだと思います。

新田 匠海、すごくしっかりしてるんです。女の子だったら、すっごくいい彼女になると思う。

北村 自分で言うのも変ですが、もし僕が女性だったら、すごくいい女性だと思います(笑)。

一同 (笑)

新田 ははは! 匠海が女の子だったら、絶対付き合いたいもん。人としても本当に好きなんですよ。

北村 すごいな、愛が止まらない(笑)。

新田 似てるところもあるし、こんなに心が広くて穏やかな同世代、いないぞ! いつも、何か悩みがあるとすぐに電話するんです。けっこう夜中に電話することもあります。

北村 そうだね。この間も電話来たね。「どうしたの?」って聞いた。

新田 「寝れなくて」って言って。本当に支えてもらっています。

北村 なんて言うか、頼られるのはすごくうれしいですよ。マッケンは強い一面と、そうやって僕を頼ってくれる一面があって……これは、ギャップ萌えってやつですね。仕事に関しても2人だとすごく深い話ができるし、ただただ昼ごはんを一緒に食べるだけに集まって、沖縄料理屋に行くこともあるし、面白いです。本当にすぐ集まるよね、僕ら。

新田 うん。

2だったギアが急に6に上がることがある(北村)

──「奮い立たせてくれる存在」ということですが、お二人それぞれの、これなら相手には負けない!という部分を教えてください。

新田 食べる量!

北村 そうだね、それは負けるなあ。

──北村さんはそんなに食べないんですか?

北村 おそらく皆さんが想像する量よりも食べないです。僕の負けない部分はなんだろうなあ。こういう質問のとき、だいたい“顔の濃さ”って答えるんですけど……マッケンとは顔の濃さがだいたい一緒なんですよね。濃いから。

新田 そうだね(笑)。鼻の高さも同じくらいだし、まつ毛の長さも同じくらいだよね。

「OVER DRIVE」より、北村匠海演じる新海彰。

北村 そうなんだよ。じゃあ負けないところは……髪の長さですかね。基本的なヘアスタイルが。

新田 ははは! 食べる量と髪の長さって、かわいい回答だな!

北村 あとは、服への興味は僕のほうが少しは強いかなって思います。

新田 ああ、そうだね。俺、本当に物欲がないからなあ。

北村 そう、マッケンは物欲がない。そこは僕のほうが持っているつもりですね。

──では、お互いの直してほしいところは?

新田 うーん……。悩み込むところ。

北村 ははは、悩んじゃうタイプだからさあ。でも、それはお互いさまですけどね。

新田 うん、お互いさま。だからこそわかり合える関係なんですけどね。お互いに悩むから話せる、持ちつ持たれつで。本当に匠海がいてよかった。いつでも気軽に連絡できるのが匠海なので、彼の存在に救われてます。

「OVER DRIVE」より、新田真剣佑演じる檜山直純。

北村 ……あざっす。マッケンに直してほしいところ、何かあるかなあ。ほぼないんですけど、ごくたまに、2だったギアが急に6に上がることがあって。

新田 ははは!

北村 急にスピードが変わるんですよ。基本ギア1で走っている僕には、たまに付いて行けない瞬間がある(笑)。撮影現場でスイッチが入っている状況だと、マッケンのスピードがどんどん上がっていくので、追いつくのに必死になりますね。直してほしいというより、すごいと思う部分です!

「OVER DRIVE」
2018年6月1日(金)全国公開
「OVER DRIVE」
ストーリー

公道での自動車競技“ラリー”の世界最高峰、WRC(世界ラリー選手権)。その登竜門である国内トップカテゴリーのSCRS(SEIKOカップラリーシリーズ)では、若き才能たちがしのぎを削っていた。WRCへのステップアップを目指すスピカレーシングファクトリー所属の天才ドライバー・檜山直純は、真面目で確かな腕を持つメカニックの兄・篤洋の助言を無視し、リスクを顧みない勝ち気なレースを展開。ラウンドごとに衝突を繰り返す2人だったが、ある日直純の新しいマネジメント担当の遠藤ひかるがやってきて……。

スタッフ / キャスト

監督:羽住英一郎

脚本:桑村さや香

音楽:佐藤直紀

主題歌:WANIMA「Drive」(unBORDE / Warner Music Japan)

出演:東出昌大、新田真剣佑、森川葵、北村匠海、町田啓太、要潤、吉田鋼太郎

au ビデオパスなら映画・ドラマ・アニメが見放題。
ビデオパス会員なら劇場鑑賞料金割引サービスも!

まずは無料でお試し!

au ビデオパスとは

「ビデオパス」は映画(洋画・邦画)やドラマ、アニメなどさまざまなジャンルの映像作品を視聴できる、auスマートフォン向けの動画配信サービス。最新のレンタル作品や月額562円(税抜)の見放題プランに加え、会員登録不要の無料作品もご用意。見放題プランは、毎月もらえる「ビデオコイン」を使って追加料金なしで毎月1本の最新作品を視聴でき、初回登録時には30日間無料でお試し視聴できる。

新田真剣佑(アラタマッケンユウ)
1996年11月16日生まれ、アメリカ・ロサンゼルス出身。2014年春より日本で芸能活動を開始し、2015年に本格的な俳優活動を始める。2016年公開「ちはやふる」シリーズの綿谷新役で注目を集めた後、「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」「ピーチガール」「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」などに出演。ハリウッド作品「パシフィック・リム:アップライジング」では、日本人の青年リョウイチを演じた。出演映画「劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」が7月27日に公開予定。
北村匠海(キタムラタクミ)
1997年11月3日生まれ、東京都出身。2008年、「DIVE!!」でスクリーンデビュー。主な出演作に「あやしい彼女」「ディストラクション・ベイビーズ」「恋と嘘」「勝手にふるえてろ」などの映画や、「仰げば尊し」「ゆとりですがなにか」といったドラマがある。2017年には「君の膵臓をたべたい」で映画初主演を務め、日本アカデミー賞新人俳優賞に輝く。2018年冬には「春待つ僕ら」が公開される。ダンスロックバンドDISH//のメインボーカル兼ギターとしても活動中。