ビデオパス PR

「OVER DRIVE」東出昌大×町田啓太 / 新田真剣佑×北村匠海|泥まみれで絆深めたメカニック対談&同世代のライバルが友情語るドライバー対談

「海猿」「MOZU」シリーズで知られる羽住英一郎の監督最新作「OVER DRIVE」が、6月1日に全国公開される。本作の題材は、公道を全開走行で駆け抜ける過酷な自動車競技“ラリー”。人車一体の“公道の格闘技”と呼ばれる世界で戦う若者たちの、絆と愛を描き出す。整備面でチームを支えるメカニックチーフ・檜山篤洋役で東出昌大、その弟である天才ドライバー・直純役で新田真剣佑が出演。ライバルチームのドライバー・新海彰を北村匠海が、篤洋のチームにやってきた新米メカニックの増田順平を町田啓太が演じている。

映画ナタリーでは本作の公開を記念し、新田と北村によるドライバー対談、そして東出と町田によるメカニック対談をそれぞれセッティング。メカニック対談では、泥まみれになりながら技術を学び、プロに認められるほどの腕を身に着けた東出と町田が、撮影を通して芽生えたメカニックという仕事や工具への愛を語る。そしてドライバー対談では、新田が「こんなに奮い立たせてくれる同世代の役者は匠海だけ」「一生匠海と一緒に撮っていたい」と話すほどの熱い思いを、北村にぶつけてくれた。

取材・文 / 浅見みなほ 撮影 / 小原泰広

au ビデオパスなら映画・ドラマ・アニメが見放題。さらに劇場鑑賞料金が最大700円引き!

東出昌大×町田啓太 メカニック対談

でっくんはゲラな人(町田)

「OVER DRIVE」

──この特集は、東出昌大さんと町田啓太さんのメカニック対談、新田真剣佑さんと北村匠海さんのドライバー対談の2本立てになります。東出さんは、この取材部屋で町田さんにお会いした瞬間「やっとメカニックチームに会えた!」と歓声を上げていらっしゃいましたね。

東出昌大 はい!

町田啓太 久々に会えましたからね。

東出 俺らメカニックは現場でも泥水すすりながらやっていたので、特に絆が強いんです(笑)。

町田 汚くなりながらやってました(笑)。

──それぞれ東出さんはスピカレーシングファクトリーのチーフメカニック兼エンジニア・檜山篤洋、町田さんは同チームの新米メカニック・増田順平を演じられました。特に東出さんは真面目で努力家な篤洋という役がご本人のイメージにぴったりだと感じたのですが、お互いの印象はいかがですか?

町田 確かに、出会う前のでっくん(東出)は篤洋のようなイメージだったんです。コツコツと、あまり眉毛も動かさず作業に没頭するタイプなのかなと。でも会ってみたら、「こんなに笑う人なんだ! ゲラ(笑い上戸)だなあ」と驚きました。

東出昌大

東出 ははは!

町田 最初の頃、みんなで仲を深めるために「笑ったらアウト」っていうよくわからないゲームをやっていたんです。そのときに、必ず最初に笑うのがでっくんだった(笑)。

東出 啓太は、ピュアな部分を持っているところは今回演じた増田と通ずると思います。それと、男としてカッコいいのはもちろんなんですけど、圧倒的に勘がいい俳優さんだなと感じました。意識していないところで表面的に出てくるスマートさもありますし、その勘のよさがうまく働いて、増田が“成長していく人物”に見えたんだと思います。

町田 ありがとうございます!

僕らメカニックは本当に“バカ”な連中の集まり(東出)

──メカニック役の皆さんは最終的に、プロのメカニックの方に「本物のラリーの大会に出場できる」と言われるレベルの技術になったと伺いました。それだけ熱心に勉強されたんですね。

町田 みんなでかなりの回数リハーサルをさせてもらっていたので慣れることができましたし、一体感が生まれたのはよかったなと思っています。中でも一番勉強家なのは、やっぱりでっくん。

「OVER DRIVE」より、東出昌大演じる檜山篤洋。

東出 いやいやいや。メカニックには各自持ち回りがあって、車がサービスパーク(走り終えた車をメカニックが修理するゾーン)に帰ってきたときに、それぞれ点検をしたり、タイヤを取り替えたりするんです。だから僕らも、自分の受け持つ部署の動きを最初から勉強しました。1人ひとりの作業が早くなるとよりメカニックらしく見えるんです。そのうちに誰かがアクシデントで遅れたら、別のメンバーがヘルプに行ったりするくらいになっていて。それもカメラに映っている瞬間だけそれっぽい動きをするのではなく、「メカニックなんだお前らは」「“役者バカ”であれ」という羽住(英一郎)監督の演出の通りにやっていました。途中からはみんなでボンネットの周りをくるくるして「好きなパーツ何?」「好きな工具は?」「ここから出てくる匂いがいいんだよ」みたいなことを話していました(笑)。本当に“バカ”な連中の集まりになってましたね。

一同 (笑)

──お二人の好きな工具というのは?

東出 トルクレンチ?

町田 僕は、トルクじゃないんですよ。ラチェット。

東出 あ、ラチェットか! 僕はメガネレンチ。たくさん使ったので(笑)。

町田 よく使ってたね! 僕はラチェットレンチの音が好きでした。

東出 ああ、わかる! キュッキュッキュッてね。僕はメガネレンチの、変幻自在で細かい部分に手が届くところが好きというか。……まあ、アホな話なんですけど(笑)。

左がラチェットレンチ、右中央がメガネレンチ。

町田 まったくわからないですよね(笑)。

──勉強しておきます!

東出 僕は先日、この映画の企画でWRC(世界ラリー選手権)に行ったんですよ。やっぱりドライバーにはいわゆるイケメンの方もいらっしゃいますし、老若男女のファンがついているんです。レース中も、「(セバスチャン・)オジェ!!」みたく名前を叫んで応援している観客がたくさんいました。でもサービスパークに帰ってきた車を修理するタイミングで、メカニックの方々を観ている観衆は基本的に男ばかりで。まさしく僕らみたいな人々だなあって。

一同 (笑)

町田 現場で専門家の方たちに教えてもらっているときの僕らはそんな感じだったもんね。

「あのときはお世話になりました!」みたいな工具たちと再会(町田)

──お二人がそれほど工具やメカニック役に対して愛情をお持ちなのは、ご自身の興味とラリーがマッチしたということでしょうか?

東出 作品によっては2日間だけ現場に参加することもあるのですが、今回は時間があったからここまで打ち込めたという部分はあると思います。もともと僕、車にまったく興味がなかったんです。なんなら車をいじるのが趣味っていう人の気持ちがわからなかったくらいで。だから今、メカニックの話をしているときにこんなに生き生きする自分が気持ち悪い(笑)。人間、変わってしまうものなんだなと。

一同 (笑)

町田啓太

町田 僕も車に興味があったわけではなく、一から勉強したんですが、航空学校に行っていたので整備やメカの勉強はしていたんですよ。だから今回現場で工具を手に取って、懐かしい人たちに再会したような気持ちでした。

東出 ははは!

町田 「あのときはお世話になりました!」みたいな工具たちと顔を合わせたわけですから。新米メカニックの役だからあまり手慣れすぎていてもおかしいんですけど、とにかく自分がやっていた経験が生きることや、メカニックの役をいただけたことがうれしくて。

──逆に、工具慣れしていない演技をしなければならなかったということですか?

「OVER DRIVE」より、町田啓太演じる増田順平。

町田 いや、そんなことはないです! やっぱりリアルに作業できていないといけないので。

東出 本番中、できないと共演陣に怒られるからね。「おい! そっちどうなってる!?」って。

町田 そうそう。僕の役柄的に、できないと罵声を浴びせられるので、「すみません!」と謝って(笑)。こき使ってもらってました。なんなら運び担当だったので、工具をいじるよりもタイヤを運ぶことのほうが多かったですけどね。

「OVER DRIVE」
2018年6月1日(金)全国公開
「OVER DRIVE」
ストーリー

公道での自動車競技“ラリー”の世界最高峰、WRC(世界ラリー選手権)。その登竜門である国内トップカテゴリーのSCRS(SEIKOカップラリーシリーズ)では、若き才能たちがしのぎを削っていた。WRCへのステップアップを目指すスピカレーシングファクトリー所属の天才ドライバー・檜山直純は、真面目で確かな腕を持つメカニックの兄・篤洋の助言を無視し、リスクを顧みない勝ち気なレースを展開。ラウンドごとに衝突を繰り返す2人だったが、ある日直純の新しいマネジメント担当の遠藤ひかるがやってきて……。

スタッフ / キャスト

監督:羽住英一郎

脚本:桑村さや香

音楽:佐藤直紀

主題歌:WANIMA「Drive」(unBORDE / Warner Music Japan)

出演:東出昌大、新田真剣佑、森川葵、北村匠海、町田啓太、要潤、吉田鋼太郎

au ビデオパスなら映画・ドラマ・アニメが見放題。
ビデオパス会員なら劇場鑑賞料金割引サービスも!

まずは無料でお試し!

au ビデオパスとは

「ビデオパス」は映画(洋画・邦画)やドラマ、アニメなどさまざまなジャンルの映像作品を視聴できる、auスマートフォン向けの動画配信サービス。最新のレンタル作品や月額562円(税抜)の見放題プランに加え、会員登録不要の無料作品もご用意。見放題プランは、毎月もらえる「ビデオコイン」を使って追加料金なしで毎月1本の最新作品を視聴でき、初回登録時には30日間無料でお試し視聴できる。

東出昌大(ヒガシデマサヒロ)
1988年2月1日生まれ、埼玉県出身。モデルとして活動後、2012年に「桐島、部活やめるってよ」で俳優デビューし日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞した。主な出演作に「デスノート Light up the NEW world」「聖の青春」「関ヶ原」などがある。2018年には参加した映画「パンク侍、斬られて候」「菊とギロチン」「寝ても覚めても」の公開を控えるほか、現在フジテレビ“月9”枠のドラマ「コンフィデンスマンJP」へ出演中。
町田啓太(マチダケイタ)
1990年7月4日生まれ、群馬県出身。2010年に第3回劇団EXILEオーディションに合格し、俳優デビュー。主な出演作に「HiGH&LOW」シリーズや、「劇場霊」「こいのわ 婚活クルージング」といった映画、「花子とアン」「人は見た目が100パーセント」「女子的生活」といったドラマがある。2018年には大河ドラマ「西郷どん」に参加。劇団EXILEと映画監督・SABUのコラボレーションによる映画プロジェクト「jam」の始動もアナウンスされている。