ビデオパス PR

「仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング」特集 「仮面ライダーゲンムVSレーザー」岩永徹也×小野塚勇人インタビュー|自身の代名詞となったシリーズ、そしてライバルへの感謝

特撮ドラマ「仮面ライダーエグゼイド」の後日譚を描く、3本立てのスピンオフVシネマ「仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング」。「仮面ライダーブレイブ&スナイプ」「仮面ライダーパラドクスwithポッピー」に続き、いよいよ最終章「仮面ライダーゲンムVSレーザー」の配信がビデオパスにてスタートした。

2016年10月に始まった「エグゼイド」シリーズの締めくくりとして、映画ナタリーでは本作の配信記念特集を展開する。ラストを飾る第3回には、“神”こと仮面ライダーゲンム / 檀黎斗役の岩永徹也と、仮面ライダーレーザーターボ / 九条貴利矢役の小野塚勇人が登場。因縁の関係に決着がつく本作の魅力や、お互いへの感謝の気持ちを聞くとともに、各キャラクターの立ち位置が変化していった1年半のシリーズを振り返ってもらった。

取材・文 / 浅見みなほ 撮影 / 佐藤類

au ビデオパスでは「仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング 仮面ライダーゲンムVSレーザー」を配信中!
左から岩永徹也、小野塚勇人。

「エグゼイド」に出演して、自分の代名詞ができた(岩永)

──2017年10月に「仮面ライダーエグゼイド」シリーズの撮影を終えて、生活もずいぶんと変わりましたよね。

岩永徹也(左)に花束を渡す小野塚勇人(右)。

岩永徹也 そうですね。僕は今クイズ系の番組に出演させてもらうことが多いので、仕事がない日もクイズ対策のような、予習をすることが多くなりましたね。どんな問題が出るかがわからないので、片っ端から本を読んだり、図鑑を見たりして、広範囲の勉強をしています。今までやったことのなかった俳句の番組(「プレバト!!」内「俳句の才能査定ランキング」コーナー)にも出させていただいているので、その勉強も始めました。

──Twitterにアップされているイラストも、どんどん完成度が上がっていますよね。

岩永 マンガ家になろうかなと思ってます!(笑)

小野塚勇人 才能あると思う(笑)。僕は相変わらずお芝居中心の生活ですね。これから舞台(方南ぐみ企画公演「THE 面接」)を控えているんですが、今はいったん原点回帰というか、ライダーでの1年半を通してやった経験をいい意味で一度すべて壊して、自分のお芝居を作り直す時期で。いろいろなオーディションも受けさせてもらっているので、そこで感じたものやほかのドラマの現場で感じたものも大事にしようと思っています。

──その「エグゼイド」での経験のうち、ほかの現場で生きたことはなんでしょうか?

小野塚勇人(右)に花束を渡した岩永徹也(左)。

小野塚 やっぱり1年半も同じ役を演り続けることはなかなかないですよね。その分行き詰まったり、難しいと思ったこともありますが、瞬間で役に入らないといけない普通のドラマの現場とは違う経験ができたのはすごく意味がありました。あとどこに行っても「ライダーに出てたよね」と言っていただけて、自分の代表作になるものができたっていうことも大きいですし。でも今後はそれを払拭して、「『仮面ライダーエグゼイド』を卒業した人」というよりも「えっあの人、仮面ライダーに出てたの? 『エグゼイド』観てみよう」と言われるくらいに成長することが、ライダーへの恩返しだと思っています。

岩永 僕は、なんの人なのかよくわからないと思われていたので……(※岩永はタレントやモデルとしても活動しているほか、薬剤師やカラーセラピストトレーナーといった資格も所有。「JAPAN MENSA」会員でもある)。

小野塚 (笑)

岩永 「ライダーをやってました」ってことを一番に出せるようになって、自分のことを一言で説明できる代名詞ができたと思っています。キャラクターも変なやつだったし(笑)。

「仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング 仮面ライダーゲンムVSレーザー」より、岩永徹也演じる檀黎斗。

──そういうシチュエーションで、檀黎斗 / 仮面ライダーゲンムを知らない人に対してはどう説明するんですか? 敵キャラクターなのか、味方なのか。

小野塚 神です。

岩永 そうですね、神ですよ。敵とか味方とか、ちょっと価値観が古いですね。

小野塚 その上にいる人だからね。

岩永 便利な言葉ですね、神って(笑)。

「仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング 仮面ライダーゲンムVSレーザー」
「仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング 仮面ライダーゲンムVSレーザー」

auビデオパスで配信中

配信終了日:
2018年4月22日(日)

視聴料金:1389円
視聴可能期間:48時間

ストーリー

「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング」から2年。新ガシャット「ゴッドマキシマムマイティX」を手にした仮面ライダーゲンム / 檀黎斗が、最後のゲーム「ゾンビクロニクル」を仕掛けた。不死身のゾンビと戦うサバイバルホラーゲームと化した世界で、人々は未曾有のパニックに陥る。レベルビリオンに達したゲンムを止める鍵に気付いた仮面ライダーレーザーターボ / 九条貴利矢は、黎斗の父・正宗からある言葉を託され、1人ゲンムに立ち向かう……。

スタッフ / キャスト

原作:石森章太郎
監督:鈴村展弘
脚本:高橋悠也
主題歌:貴水博之「Believer」
出演:岩永徹也、小野塚勇人、飯島寛騎、瀬戸利樹、松本享恭、松田るか、甲斐翔真、黒崎レイナ、柳ゆり菜、貴水博之

auビデオパスとは
「ビデオパス」は映画(洋画・邦画)やドラマ、アニメなどさまざまなジャンルの映像作品を視聴できる、auスマートフォン向けの動画配信サービス。最新のレンタル作品や月額562円(税抜)の見放題プランに加え、会員登録不要の無料作品もご用意。見放題プランは、毎月もらえる「ビデオコイン」を使って追加料金なしで毎月1本の最新作品を視聴でき、初回登録時には30日間無料でお試し視聴できる。
auビデオパスで岩永徹也&小野塚勇人のチェキが当たるプレゼントキャンペーンも実施中!
今すぐ応募する!
岩永徹也(イワナガテツヤ)
1986年10月16日生まれ、長崎県出身。2009年から2014年までMEN'S NON-NOの専属モデルを務め、その後もモデルとして雑誌などで活躍。認定薬剤師、カラーセラピストトレーナーなど数多くの資格を持つほか、「JAPAN MENSA」会員でもある。「仮面ライダーエグゼイド」でテレビドラマ初出演を果たした後、現在は数々のバラエティ番組でも活躍中。1st写真集「Messenger」が好評販売中のほか、4月9日20時より放送のTBSドラマ特別企画「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ5」に出演する。
小野塚勇人(オノヅカハヤト)
1993年6月29日生まれ、千葉県出身。劇団EXILEメンバー。主な出演作に仮面ライダーレーザー / 九条貴利矢役を務めた「仮面ライダーエグゼイド」、キリンジ役を務めた「HiGH&LOW」シリーズがある。そのほかドラマ「碧の海~LONG SUMMER~」「ガリレオ」「朝が来る」などにも参加。出演する舞台「THE面接」が2018年4月12日より東京・三越劇場にて上演される。川栄李奈と共演した映画「恋のしずく」が2018年内に全国公開。