映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

フランソワ・オゾン「2重螺旋の恋人」緊迫の精神分析シーン公開

61

「2重螺旋の恋人」

「2重螺旋の恋人」

フランソワ・オゾン監督作「2重螺旋の恋人」より、本編映像の一部がYouTubeにて公開された。

本作は、精神分析医である恋人の双子の兄に惹き付けられていく女性の姿を描く心理サスペンス。主人公クロエを「17歳」のマリーヌ・ヴァクトが演じ、正反対の性格を持つ双子の兄弟ルイとポールを「サンローラン」のジェレミー・レニエが1人2役で演じた。

映像に収録されているのは、恋人ポールと同じ職業、容姿を持つ男ルイの存在を知ったクロエが、彼の診察室を訪ねるシーン。クロエは自身の素性を隠したまま「先生が知人のポール・メイエルに似ていて」と話すが、ルイから「ポールは私の弟です」と告げられ、初めて知ったその事実に驚く。動揺を隠すため自身の心境についての偽りの設定を話すクロエ。しかしルイは、それらが嘘であることをすぐに見抜いてしまう。なおオゾンは「精神分析を行う場面は動きがないものになりがちだが、本作では心象とカットをリンクさせている。観客は、自分が精神分析医になって患者の話を聞いているように感じるだろう」とコメントしている。

「2重螺旋の恋人」は8月4日より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にてロードショー。

※「2重螺旋の恋人」はR18+指定作品

(c)2017 - MANDARIN PRODUCTION - FOZ - MARS FILMS - FILMS DISTRIBUTION - FRANCE 2 CINEMA - SCOPE PICTURES / JEAN-CLAUDE MOIREAU

映画ナタリーをフォロー