映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

小西康陽責任編集、「黒い十人の女」など大映映画のスチール収めた写真集発売

80

「いま見ているのが夢なら止めろ、止めて写真に撮れ。」より。

「いま見ているのが夢なら止めろ、止めて写真に撮れ。」より。

小西康陽の責任編集による大映映画のスチール写真集「いま見ているのが夢なら止めろ、止めて写真に撮れ。」が本日6月22日に発売された。

この写真集は、75周年を迎えた大映映画がこれまでに製作した映画およそ2000作品、数万点に及ぶスチールのストックの中から、小西が作品の有名無名を問わず厳選したカットを掲載したもの。光と影を巧みに使い分けた独特の映像美を堪能できる大映作品を象徴する「黒い十人の女」「ど根性物語 銭の踊り」「闇を裂く一発」「やくざ絶唱」「炎上」「闇を横切れ」「第三非常線」など、約80作品のスチール写真が収められた。

さらに、映画評論家の山田宏一、マンガ家の山田参助、 音楽家、映画愛好家の遠藤倫子によるエッセイや、「炎上」「ぼんち」などのスチール写真を撮影した元大映京都撮影所のカメラマン・西地正満、大映映画を中心に日本映画の黄金時代を支えた俳優・杉田康へのインタビューも掲載される。

なお、6月29日まで大阪のシネ・ヌーヴォにて「大映男優祭」が開催中。

いま見ているのが夢なら止めろ、止めて写真に撮れ。

DU BOOKS 2018年6月22日(金)発売
価格:3024円

映画ナタリーをフォロー