映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「兄友」横浜流星が「困ったワン」生披露、初主演現場での“ウザい”態度を暴露される

920

「兄友」初日舞台挨拶の様子。

「兄友」初日舞台挨拶の様子。

兄友」の初日舞台挨拶が本日5月26日に東京のT・ジョイPRINCE品川にて開催され、キャストの横浜流星松風理咲松岡広大古川毅SUPER★DRAGON)、小野花梨、監督の中島良が登壇した。

赤瓦もどむのマンガを実写映画化した本作は、今時の恋愛に付いて行けない高校生・七瀬まいと、奥手な性格のイケメン西野壮太の恋模様を描くラブストーリー。

壮太役で映画単独初主演を務めた横浜は、ステージの中央に立ち「ソワソワしますね、自分が真ん中にいるっていうのは。戦隊もの(『烈車戦隊トッキュウジャー』)をやっていたときも、こっちのほうにいたので……」と少し脇を指して笑う。座長として臨んだ現場を「グイグイ引っ張っていくタイプでもないので、みんながやりやすい環境を作れたらいいなと思った」と振り返ると、壮太の従兄弟・加賀樹役の松岡が「流星くんは言葉で示すというより、背中で見せていく人。僕らもとてもやりやすかったです」と声をかけた。

撮影の裏話を聞かれた横浜は、壮太が「困ったワン」と言ってポーズを取るシーンに言及。完成版で使われたもの以外にもさまざまなポーズがあったそうで、ステージ上でそれを実演して会場を沸かす。続いてまい役の松風は、同じ質問を振られるも「困ったところですか?」と勘違い。爆笑が起こる中、横浜と松岡は「違う違う! (困ったワンに)引っ張られちゃったのかな?」と優しくツッコんだ。

本作で映画初出演を果たしたまいの兄・雪紘役の古川は、最初の撮影で11テイクも撮り直したことを告白。「すごくメンタルをやられたんですが、今となっては思い出に残っています」と回想する古川を見て、立ち方の演出に悩んだという中島が「結局最初の1テイク目を使いました」と裏話を明かす。また壮太の妹・秋役の小野は、横浜の松風への態度を「主演としてグイグイ引っ張っていこうという気概を感じたし、魂でぶつかっていました。言葉を選ばないでいうと……しつこい。ウザめ(笑)。でも作品ってこうやって作るんだなと学びました」と暴露。「それは褒めてくださってるんですか?」と首を傾げる横浜へ、小野は「とんでもない! スーパースーパーリスペクトです」と繰り返していた。

また舞台挨拶中には、壮太に恋愛講座を行うカフェ店長・橘萩之介役の福山潤からのメッセージ映像も上映。普段は声優として活躍する福山は「ええい、飛び込んでしまえ! 思いっきりやってしまえ!というところから生まれたキャラクターです」と役作りを語り、「声優業ではわりとふざけた役どころが多いのですが、今回台本に『セクシーボイスで』と書いてありまして……。書くのは自由です」と会場の笑いを誘った。

そして終盤には横浜へのサプライズプレゼントとして、福山を含む共演陣と中島から、メッセージ入り色紙のプレゼントが。それぞれが自由なコメントを読み上げていく中、松風が照れながら「流れ星のようにキラキラ輝いてください」と言って色紙を渡すと、登壇陣から「かわいいー!」と声が飛ぶ。また空手の世界大会で優勝経験もある横浜は、中島から「世界にとびだせ!」という言葉を贈られて「僕はアクションも大好きなので、そういった作品もやっていきたい」と意気込んだ。

そして最後に横浜は「恋をしたことがある方には初恋を思い出しながら観ていただきたいですし、恋をしたことのない方にはこの映画を観て『恋がしたい』と思ってもらいたい。そして今恋をしている方が西野くんの成長していく姿を観ることで、一歩踏み出すきっかけになったらうれしいです」と挨拶し、イベントを締めくくった。

(c)「兄友」製作委員会 (c)赤瓦もどむ/白泉社・花とゆめ

映画ナタリーをフォロー