映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「ランペイジ」ゆるキャラ大乱闘イベントで蝶野正洋が「ロックは巨大化しないの?」

164

「ランペイジ 巨獣大乱闘」公開記念イベントの様子。左から桃月なしこ、寺嶋由芙、蝶野正洋、おのののか、辻よしなり。

「ランペイジ 巨獣大乱闘」公開記念イベントの様子。左から桃月なしこ、寺嶋由芙、蝶野正洋、おのののか、辻よしなり。

ランペイジ 巨獣大乱闘」の公開記念イベントが、本日5月8日に東京・ディファ有明にて行われた。

ドウェイン・ジョンソンが主演を務める本作は、遺伝子実験の失敗により巨大化した動物たちが大暴れするさまを描くパニックアクション。物語にちなみ「ゆるキャラ大乱闘」と銘打たれた本日のイベントには、プロレスラーの蝶野正洋おのののか寺嶋由芙、桃月なしこが出席した。

イベントに参戦したゆるキャラは、アンドレザ・ジャイアントパンダ、メロン熊、ねば~る君、オカザえもん、フルーツ忍者ハルナ 梨之助の5体。プロレス実況で知られる辻よしなりの呼び込みにより、ゆるキャラたちは1体ずつ会場に設置されたリングに入場していく。3mを超える巨体を持つアンドレザ・ジャイアントパンダに、ほかのゆるキャラたちは太刀打ちできない様子。蝶野は「完全に自分の試合にしてますね」とコメントした。

するとここで、「ロッキー」のテーマ曲とともに6体目のゆるキャラとしてちぃたん☆が登場。客席に乱入するかと思えば、ステージ上でゲストとともに試合を応援し、自由な振る舞いで会場を盛り上げる。混戦が極まる試合は、アンドレザ・ジャイアントパンダがフルーツ忍者ハルナ 梨之助を下敷きにする一撃によって終了。優勝したアンドレザ・ジャイアントパンダには、蝶野よりチャンピオンベルトが贈られ、その巨体を見た蝶野は思わず「腰には巻けないな」とつぶやいた。

試合終了後には「ランペイジ 巨獣大乱闘」に関するトークが行われた。おのは「寝不足で観たんですが眠気が吹っ飛ぶような面白さでした」と感想を述べ、寺嶋も「迫力がすごい。大きいだけじゃなくてスピード感にもびっくり」と絶賛。続いて話を振られた蝶野は、“ザ・ロック”の異名を持つジョンソンが出演していることを知らなかったようで「ロックは巨大化しないの?」と質問をして観客の笑いを誘った。また、気になる巨大化動物を尋ねられた蝶野は「ゴリラ」と回答するも、「でもやっぱりロックだと思うんですよ。最後に勝つのはロックじゃないかな」と力説した。

「ランペイジ 巨獣大乱闘」は、5月18日より全国でロードショー。

(c)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

映画ナタリーをフォロー