映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ガンダム 赤い彗星」、浦山迅、銀河万丈、柿原徹也らザビ家キャストが集結

155

本日5月6日、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星」の上映記念2日目舞台挨拶が、東京の新宿ピカデリーにて行われ、キャストの池田秀一浦山迅銀河万丈三宅健太渡辺明乃柿原徹也、プロデューサーの谷口理、監督の安彦良和が登壇した。

シャア・アズナブル役の池田は最初に「某テレビ局でガンダム歴代キャラクター部門総合1位に選ばれました」と自己紹介し、本作の舞台挨拶を迎えたことを「とてもいい気持ちです」と述べる。ギレン・ザビ役の銀河は「諸君、気を緩めてはいけない。戦いはこれからだ」とギレンの声色で話し、サスロ・ザビのイラストを抱えたドズル・ザビ役の三宅も「ザビ家に来ないか」とドズルの声色で呼びかけると、「ザビ家一同が今回集結いたしました。星になられた兄サスロもさぞ喜んでいるかと思います」とコメントし、会場を盛り上げる。安彦は「過ぎてしまうと夢のように早かったなという気持ちで、4年あまりで6時間強の映像を作りました。本当はもっとしんどいだろうと思ったのですが、皆さんに支えられて幸せな時間でした」と感謝を伝えた。

舞台挨拶には初登場となったデギン・ソド・ザビ役の浦山は「一番最初に安彦先生から『決して悪役ではないんです、むしろいい人間なんです』と教わりました。今回は特に先生の言葉を思い出しながら演じました」と述懐。続けて銀河が「僕もやる前に『決して悪い人じゃないんですよ』の一言が欲しかった」と嘆くと、客席から笑いが起こる。ガルマ・ザビ役の柿原は「憧れの作品であるガンダムの世界の中で、三宅さん、明乃ちゃん、僕という20代の頃から仲良くしてきた3人でザビ家の兄弟を演じさせていただくなんて、新人の頃に想像もしていなかった景色が見れて身が引き締まる思いです」と感動を表す。

演じたキャラ以外で言ってみたかったセリフを尋ねられたキャストたち。キシリア・ザビ役の渡辺は「ねっとりとして独自の路線のマ・クベ中将もやってみたいです。レビル将軍の大演説に挑んでみたい役者心もあります」と笑顔で回答。「ガルマは劣等感を感じていてシャアのことしか見ていないので、隣で秀一さんのセリフをずっと聞けるのが一番の幸せ」という柿原は、「第3話の最後にシャアが言う『赤いな。実にいい色だ』という最初は台本に書いていなかったあのセリフが出たときに『ああ……ここで初めて赤いって出た……』と震えたので家で観ててもしびれます」と興奮気味に明かした。

池田は本作でのシャア役について「40年くらい演じさせていただいてますが、けっこうなプレッシャーでした。初めて言うセリフばかりだし、何十年ぶりに緊張したし大変な仕事でした」と回想。そして、「この6作が皆さんの心に残っていただくことができれば幸いです。僕にとってもTHE ORIGINは財産となりました。またいつの日か皆さんとお目にかかることを念じています」とメッセージを伝える。

最後に、銀河が「ジークジオン!」と発する会場とのコール&レスポンスが行われ、熱気に包まれたままイベントは終了した。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星」は、安彦が総監督を務めるアニメーションシリーズの第6弾。ジオン公国軍が編成した人型兵器・モビルスーツの強襲によって大敗した地球連邦軍が、ジオンに反撃すべく“V作戦”を計画する。現在、東京・新宿ピカデリーなど全国35館にて4週間限定公開中。

(c)創通・サンライズ

映画ナタリーをフォロー