「ガンダム 赤い彗星」シャアからの手紙に古谷徹「アムロが勝てないわけですね」

189

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星」のフィナーレ舞台挨拶が、本日6月1日に東京の新宿ピカデリーで開催。キャストの池田秀一古谷徹潘めぐみ、プロデューサーの谷口理が登壇した。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星」フィナーレ舞台挨拶の様子。左から潘めぐみ、池田秀一、古谷徹、谷口理。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星」フィナーレ舞台挨拶の様子。左から潘めぐみ、池田秀一、古谷徹、谷口理。

大きなサイズで見る(全3件)

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星」キービジュアル

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星」キービジュアル[拡大]

本作は、安彦良和が総監督を務めるアニメーションシリーズ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の第6弾。ジオン公国軍が編成した人型兵器・モビルスーツの強襲によりルウム会戦に敗れた地球連邦軍が、ジオンに反撃すべく“V作戦”を計画する。シャア・アズナブルを池田、アムロ・レイを古谷、セイラ・マスを潘が演じた。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星」フィナーレ舞台挨拶の様子。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星」フィナーレ舞台挨拶の様子。[拡大]

本日が劇場上映最終日となる本作。登壇者たちは、これまで行われた同シリーズのイベントやアフレコの様子を振り返った。初回のアフレコで印象深いエピソードを問われた池田は「ファーストガンダムの劇場版のアフレコを思い出しました」と回想する。本シリーズではシャアとセイラに焦点が当てられていることに触れ、池田は「アムロ・レイの気持ちが分かった。主役って大変なんだなって」と語るも、古谷から「いやいや、池田さんは昔のガンダムから『自分が主役だ』と思ってましたから。何も変わってない」とツッコまれてしまう。池田は「大変失礼いたしました」と頭を下げた。

実母・潘恵子がテレビシリーズ「機動戦士ガンダム」などでララァ・スンを演じていた潘は「遺伝子的にもすごく運命を感じる作品だなと思うとともに、時を超えて池田さんと兄妹を演じさせていただけるとは夢にも思っていませんでした」と感慨をにじませる。そして、前作の5話と本作の内容にちなみ、池田に「兄さん、守ってくださってありがとうございました」と頭を下げると、会場から大きな拍手が起きた。古谷は「やはり、アムロが主役のガンダムを観たい、やりたいという思いがあります。その暁には皆様また劇場に駆け付けていただきたいと思っております」と新シリーズに期待を寄せる。続けて「それと、あっちのほうの“アムロ”はまだまだ続いて延長上映も決まっておりますので、よろしくお願いします」と自身が安室透役で出演している劇場アニメ「名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)」もアピールした。

池田が「本日はシャアからのメッセージを預かっております」と切り出すと、会場からどよめきが起きる。池田は手紙を取り出し「私は今、宇宙の闇の淵で君たちを静かに見守っている。いつの世も日常は容赦なく時を刻み、目の前に立ちはだかる。だが、賢明な君たちのことだ。必ずやそこに何かを見出し、見事に生き延びることを私は期待している。勝利の栄光を君に。シャア・アズナブル」と読み上げた。隣の古谷は「いやあ、アムロが勝てないわけですね。完敗です」と観客とともに拍手を送る。

最後は、同シリーズのイベントでは恒例となった「ジークジオン」のコール&レスポンスで締めくくり、盛大な拍手の中イベントは幕を閉じた。

この記事の画像(全3件)

関連記事

池田秀一のほかの記事

リンク

関連商品

(c)創通・サンライズ

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星 / 池田秀一 / 古谷徹 / 潘めぐみ / 安彦良和 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。