映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「おっさんずラブ」田中圭と林遣都に内田理央が「付き合ってるんじゃないかと」

297

「おっさんずラブ」の製作発表記者会見の様子。左から林遣都、田中圭、内田理央。

「おっさんずラブ」の製作発表記者会見の様子。左から林遣都、田中圭、内田理央。

本日4月17日、テレビ朝日の土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」の製作発表記者会見が東京・TOHOシネマズ 日本橋にて開催され、キャストの田中圭林遣都内田理央が出席した。

「おっさんずラブ」は、女好きだがモテない33歳のおっさん・春田創一が、ピュアすぎる乙女心を隠し持つ“おっさん上司”黒澤武蔵と、同居している“イケメンでドSな後輩”牧凌太から告白されたことをきっかけに始まる純愛ストーリーだ。

男性2人から突然モテ始める春田役の田中は「(演じていて)めちゃくちゃ楽しいです」と述べ、本日不在の黒澤役・吉田鋼太郎について「真剣に演技をされればされるほど面白い。かわいらしいので、自分も演じやすいです」と語る。牧役の林は「名作恋愛ドラマの1つとして記憶に残るような作品になると思うので、最後まで撮影をがんばりたいと思います」と意気込む。春田の幼なじみ・荒井ちず役の内田は1話を観た感想を「衝撃が止まらなくて夢にも出てきそう」と話し、「こんなふうに勇気を出して恋愛したいなと日々思っています」とコメントした。

現場の雰囲気がとてもよいという本作。内田は田中と林の関係について「付き合ってるんじゃないかという距離感で、みんな静かに見守っている毎日です」と現場の様子を伝える。「最近きゅんとした出来事」を問われた田中は「こないだ遣都くんとカラオケに行って流れで採点をしたら……」と話し始めるも、思い出し笑いが止まらず言葉が続かなくなってしまう。その後、なんとか笑いをこらえながら「(林が)ずーっと半音ずれてて、見たことないような低い点数が出てすごいへこんで、『俺って自分が思ってるより歌うまくないんですかね……』って言ってきたのがかわいすぎて。きゅんきゅんさせられてます。57点でした」と終始興奮気味に話した。

続いて「過去にされて驚いた告白はあるか」という質問がキャストに投げかけられる。田中が「高校時代にお兄ちゃんのようにつるんでいた男性に寝込みを襲われそうになったことがありまして。必死で闘ったんですけど、『好きになっちゃった』と言われたときはびっくりしました」と本作とも重なるエピソードを披露すると、客席にざわめきが。林は「僕は滋賀県出身なんですけど、高校のとき東京から渋谷のギャルっぽい新人類のような人が転校してきて。その人に告白されたときは『え? 俺?』って思いました」と明かし、会場をさらに盛り上げた。

最後に田中は「ふざけるところは思い切りふざけていますが、真剣に恋愛ドラマを作っている気でいます。名作になる予感しかしません」と高らかに宣言し、イベントを締めくくった。

「おっさんずラブ」は4月21日よりテレビ朝日系でスタート。

土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」

テレビ朝日系 2018年4月21日(土)スタート 毎週土曜 23:15~

映画ナタリーをフォロー