「フルメタル・ジャケット」ハートマン軍曹役のR・リー・アーメイが死去

261

アメリカの俳優であり元軍人のR・リー・アーメイが、4月15日に肺炎による合併症で死去したとIndiewireなどが報じた。74歳だった。

R・リー・アーメイ(写真提供:ARCHIE CARPENTER / UPI / Newscom / ゼータ イメージ)

R・リー・アーメイ(写真提供:ARCHIE CARPENTER / UPI / Newscom / ゼータ イメージ)

大きなサイズで見る

1944年3月24日に米カンザス州で生まれたアーメイは、アメリカ海兵隊に11年在籍。負傷をきっかけに除隊したあと、フランシス・フォード・コッポラの「地獄の黙示録」に出演し、同時にテクニカルアドバイザーを務める。同作と同じくベトナム戦争を題材にしたスタンリー・キューブリック監督作「フルメタル・ジャケット」では、新兵を徹底的にしごく鬼教官・ハートマン軍曹を怪演。第45回ゴールデングローブ賞の助演男優賞にノミネートされた。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

全文を表示

関連記事

R・リー・アーメイのほかの記事

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 フルメタル・ジャケット / 地獄の黙示録 / R・リー・アーメイ / スタンリー・キューブリック / フランシス・フォード・コッポラ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。