映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「シャイニング」のメイキング映像も、キューブリックに関する記録映画2本の予告編

202

スタンリー・キューブリックに関するドキュメンタリー「キューブリックに愛された男」「キューブリックに魅せられた男」の第1弾予告編が到着した。

「キューブリックに愛された男」は、キューブリックの専属運転手であったエミリオ・ダレッサンドロの目を通して、30年にわたる2人の奇妙な友情関係に迫る作品。奇妙な出会いや神経質なキューブリックの生活様式、動物に囲まれた穏やかな日常などが明かされる。アレックス・インファセッリが監督を務めた。

トニー・ジエラの監督作「キューブリックに魅せられた男」は、「バリー・リンドン」への出演をきっかけにキューブリックに対する忠誠を誓ったレオン・ヴィターリを追うもの。個人的なアシスタントに転身した彼が、無数の雑事に追われた過酷な日々を、ライアン・オニールR・リー・アーメイマシュー・モディンの証言とともに振り返る。

YouTubeで公開された予告編には、キューブリックからの指示を記したメモや、「シャイニング」の撮影現場を捉えたメイキング映像を収録。ヴィターリの「私は彼に仕え、彼は“映画”に仕えた」という言葉も切り取られている。

「キューブリックに愛された男」「キューブリックに魅せられた男」は、11月1日より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開。

映画ナタリーをフォロー