映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ギャングース」MIYAVI、金子ノブアキ、篠田麻里子が半グレ系アウトロー演じる

943

高杉真宙加藤諒渡辺大知黒猫チェルシー)が共演する「ギャングース」の追加キャストが明らかになった。

肥谷圭介と鈴木大介による同名マンガを入江悠が実写化した本作。少年院でともに過ごした3人が犯罪集団だけを狙って窃盗を繰り返す“タタキ”稼業を行いながら、裏社会で生きていくさまが描かれる。高杉が情報収集と作戦立案を担当するサイケ、加藤が生き別れた妹を追い求めるカズキ、渡辺が窃盗団の車両担当タケオを演じた。

このたび解禁されたキャストは10人。サイケたちと激突する“半グレ”集団・六龍天のトップである安達には、ギタリストとして活躍しながらも「キングコング:髑髏島の巨神」などに出演経験のあるMIYAVIがキャスティングされた。安達の下で複数の店舗を統括する詐欺組織の番頭・加藤に金子ノブアキが、加藤の部下で恋人でもあるアゲハに篠田麻里子が扮する。

そのほか、サイケたちが頼りにする情報屋の高田を林遣都、サイケたちの味方になるキャバクラ嬢ユキを山本舞香、住む家のない少女ヒカリを伊東蒼、詐欺組織の用心棒的存在の海老名兄弟を斉藤祥太斉藤慶太、詐欺店舗の店長・班目を般若、安達への復讐に燃える川合を勝矢が演じることに。

「ギャングース」は2018年秋に全国で公開。

※「ギャングース」はR15+指定作品

(c)肥谷圭介・鈴木大介/講談社

映画ナタリーをフォロー