映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

イタリア映画祭2018の開催決定、カンヌ受賞作など含む19本上映

220

「フォルトゥナータ」

「フォルトゥナータ」

「イタリア映画祭2018」が、4月28日から5月5日にかけて東京・有楽町朝日ホールにて開催される。

18回目を迎える本年度は、日本未公開作14本とアンコール上映作品5本の計19作品がスクリーンにかけられる。ラインナップにはジャスミン・トリンカが第70回カンヌ国際映画祭ある視点部門で女優賞を獲得した「フォルトゥナータ」、マーティン・スコセッシが「感動的で美しい映画」と称賛した「チャンブラにて」、クライムコメディ「いつだってやめられる」シリーズの最新作「いつだってやめられる─名誉学位」などが並ぶ。

イベントでは、来日ゲストによる舞台挨拶やトークセッションも予定されているので続報を待とう。なお「イタリア映画祭2018」は、大阪・ABCホールでも5月26日、27日に開催される。

イタリア映画祭2018

2018年4月28日(土)~5月5日(土・祝)東京都 有楽町朝日ホール
2018年5月26日(土)、27日(日)大阪府 ABCホール
前売り料金:一般 1450円 / 学生、60歳以上 1350円
当日料金:一般 1700円 / 学生、60歳以上 1600円

日本未公開作

「イタリアの父」
「シチリアン・ゴースト・ストーリー」
「フォルトゥナータ」
「純粋な心」
「チャンブラにて」
「侵入する女」
「ザ・プレイス」
「いつだってやめられる─名誉学位」
「環状線の猫のように」
「ティートとエイリアン」
「メイド・イン・イタリー」
「世情(仮題)」
「愛と銃弾」
「Emma 彼女の見た風景(仮題)」

アンコール上映作品

「ラジオフレッチャ」
ベニスで恋して
僕はナポリタン
「多様な目」
「地中海」

映画ナタリーをフォロー