映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

関智一の暴走を櫻井孝宏、鈴村健一、斉藤壮馬が制止!「Infini-T Force」初日

1393

「劇場版 Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ」舞台挨拶の様子。左から茅野愛衣、鈴村健一、関智一、櫻井孝宏、斉藤壮馬。

「劇場版 Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ」舞台挨拶の様子。左から茅野愛衣、鈴村健一、関智一、櫻井孝宏、斉藤壮馬。

本日2月24日、「劇場版 Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ」の初日舞台挨拶が東京・新宿ピカデリーにて開催。ガッチャマン / 鷲尾健役の関智一、テッカマン / 南城二役の櫻井孝宏、ポリマー / 鎧武士役の鈴村健一、キャシャーン / 東鉄也役の斉藤壮馬、界堂笑役の茅野愛衣が登壇した。

タツノコプロ55周年を記念して制作されたテレビアニメ「Infini-T Force」の劇場版にあたる本作は、ガッチャマン、テッカマン、ポリマー、キャシャーンといったタツノコを代表するヒーローたちが共闘する物語。「この劇場は僕が以前デートでよく使っていました」といきなり暴露した関は、「後ろのほうの席がいい感じなんです。そんな思い出のスクリーンで上映されることを光栄に思っています」とにこやかに挨拶。続く櫻井は「僕、関さんみたいなコメントできないんですけど(笑)」と苦笑いし、鈴村と斉藤も「1人目をあの人にやらせちゃいけない」「この順序嫌ですねー」と早くも関の暴走を危惧する。

本作のイベントに初登場となる櫻井と鈴村は、それぞれタツノコ4大ヒーローへの思い入れを尋ねられる。櫻井は「生まれた年くらいの作品なんですが当然知っていましたし、男の子は変身ヒーローに憧れるじゃないですか。だからガッチャマンも……」と関を見ると笑い出してしまい、「駄目だ、自然体で面白い。関さんゾーンに入っちゃった」と言葉が続かない。それに対して「俺何もやってないよ!」と立っているだけだった関は抗議。仕切り直した鈴村は「僕ヒーローオタクなのですごく好きでした。でも実はテッカマンがやりたかったんです」と打ち明ける。続いて関が「俺はポリマーやりたかったけどね」と明かすと、櫻井も「けっこうガッチャマンやりたかった」と便乗し、「みんな不本意だったんですよ!」と関がまとめると会場からは笑いが起こった。

本作のオススメポイントを聞かれると、「テレビシリーズではヒーローのプライベートをのぞけるのが楽しかったんですが、今回はヒーローのお仕事という感じ。どの世代の方でもカッコいいなって思ってもらえるところがたくさんありますので、大スクリーンだからこそ映える戦闘シーンを推したいです」と完璧な回答をする茅野。続いて「一言一句同じ気持ちです」と同意した鈴村、関、櫻井に、斉藤だけが「笑のお尻がエロい」と挙げると、櫻井は思わず「チャレンジャーだね」とつぶやいた。また、「CGのクオリティがものすごくて、気合い入りまくりなんですよ。アクションシーンはもちろん、日常の何気ない動きの再現度も」と真面目に説明する斉藤に、関が「尻に対しての? 何気ない尻の動きが?」と畳みかけ、周囲に制止される一幕もあった。

アフレコ現場の様子を櫻井が「関さんと鈴村さんの2人がタツノコ作品に詳しいので、話を聞いてるとタイムスリップしたようでした」と振り返り、鈴村は「テレビシリーズ含め3DCGで全部作るというすごい企画だった。まだまだ続く作品になるんじゃないかな」と述べると、斉藤も「これからも無限の力が広がっていくように、皆様のお力をいただけたらうれしいです」と呼びかける。そして、ヒーローを演じるにあたり長年放置していた虫歯を抜いたと告白する関は「本当に歯医者が苦手だったんですけど、ガッチャマンならきっと立ち向かうだろうなと。またこの心で演じられるように、引き続き応援よろしくお願いします」と語りかけ、最後までマイペースな様子に客席は大いに盛り上がった。

「劇場版 Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ」は、全国で公開中。

(c)タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会

映画ナタリーをフォロー