映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

斉藤由貴がブルーリボン賞受賞に声震わす「思いがけないプレゼント」

128

斉藤由貴

斉藤由貴

第60回ブルーリボン賞の授賞式が本日2月8日、東京・イイノホールにて開催され、助演女優賞の斉藤由貴が出席した。

是枝裕和監督作「三度目の殺人」に出演した斎藤は、「雪の断章ー情熱ー」で第28回ブルーリボン賞新人賞を受賞して以来の同賞への登壇。マイクの前に立つと大きく深呼吸し、「本当にありがとうございます」と感謝する。「受賞は記録に残っていますが、自分がどのように賞をもらったかは覚えていません。思いがけずまたこの賞をいただける夢みたいな気持ちです。本当に思いがけないプレゼントだと思います」と声を震わせながらスピーチを続けた。

また「何人か知人を呼んでもいいということだったので。母を呼びました」と報告し、「お母さん、ごめんね。来てくれてありがとう」と静かに呼びかける。2017年に報じられたプライベートに関する報道への謝罪を感じさせる雰囲気の斉藤だったが、司会を担当していた大竹しのぶから「昨年は大変なこともありましたけど」と触れられる一幕もあった。大竹の「私もいろいろあったから」という言葉に思わず笑いつつ、新作映画の衣装合わせをしてきたことを明かして「映画って素晴らしいなあって。女優にとって素晴らしい場所だなと実感しています」と芝居に携われる幸せを噛み締めた。

※ブルーリボン賞授賞式の関連記事はこちらから
阿部サダヲがブルーリボン賞主演男優賞を獲得、「僕は通天閣」

新垣結衣、10年ぶりのブルーリボン賞に笑顔「なまはげさんの言葉通りに」

ユースケ・サンタマリアがブルーリボン賞選定者に「いいセンスしてる」

ブルーリボン賞授賞式で「あゝ、荒野」岸善幸や白石和彌、石橋静河が喜び語る

映画ナタリーをフォロー