映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

北村一輝と小野賢章がプリキュアにタジタジ「たまんない」「目が泳いじゃう」

469

「HUGっと!プリキュア」「映画プリキュアスーパースターズ!」合同会見の様子。

「HUGっと!プリキュア」「映画プリキュアスーパースターズ!」合同会見の様子。

本日2月1日、テレビアニメ「HUGっと!プリキュア」と劇場アニメ「映画プリキュアスーパースターズ!」の合同会見が東京・東京国際フォーラムで行われ、キャストの引坂理絵本泉莉奈小倉唯北村一輝小野賢章が出席した。

子育てをテーマとする「HUGっと!プリキュア」では、赤ちゃんのため、人のため、世界のために戦うプリキュアの姿が描かれる。また「映画プリキュアスーパースターズ!」には、「HUGっと!プリキュア」「キラキラ☆プリキュアアラモード」「魔法つかいプリキュア!」という3シリーズのプリキュアたちが登場。野乃はな / キュアエール役の引坂、薬師寺さあや / キュアアンジュ役の本泉、輝木ほまれ / キュアエトワール役の小倉は両作に出演しており、劇場版のゲスト声優である北村と小野は怪物ウソバーッカと物語の鍵を握る不思議な少年クローバーにそれぞれ声を当てた。

野乃はな / キュアエール役を射止めたときの心境を聞かれた引坂は「マネージャーさんから連絡を受けて、合格したよと。まさか自分の身にこんなことが起きるのかと胸がいっぱいになってしまい、うれしさからその日はずーっと大泣きして朝まで寝られませんでした」と告白する。「選んでいただいたということは、私にできることがきっとあるので、私がどうはなちゃんとエールと絆を深めていくか。私にしか見せられない世界があると思いますので、応援していただければ」と続けた。

本泉は、初めて薬師寺さあや / キュアアンジュを演じたときのことを振り返りながら「本当に私がプリキュアなんだなと改めて実感することができました。たくさんの先輩方が積み上げてきたプリキュア、そしてたくさんの愛が詰まったプリキュアを、私も一員として支えていき、一緒に盛り上げていけるように、さあやとともに成長していきたいです」とコメント。子供の頃に「プリキュア」を観ていたという小倉は「自分がプリキュアになる。そんな日が来るとは夢にも思っていなくて、今日も夢の中にいるような感じですごくドキドキワクワクしています。憧れ、強さ、優しさ、絆……いろんなものを教えてくれた大事な作品なので、自分がたくさんの子供たちや世代を超えた人の心に響くようなお芝居をできるよう、楽しみながら取り組みたいです」と力強く話した。

北村と小野は12名のプリキュアに連れられてステージに上がる。プリキュアたちを見ながら北村は「みんなかわいいですよね。目を見てくるので、ドキドキしてしまって。いちいちキュンキュンする……たまんないですよね」と魅力を語る。小野も北村と同意見のようで、「ステージの裏でも目を見てくる。どこを見ていいかわからないくらい華やかで、目が泳いじゃいます」と、プリキュアたちにタジタジだったことを明かした。

今作で声優に初挑戦した北村は、オファーがあったときのことを「すごくうれしかったんですよ。役の内容を聞く前に、『やります』って即返(事)。僕がこの世界観にいていいのかっていう戸惑いもありましたが(笑)」と回想。小野は「僕が中学生くらいのときに、妹が『プリキュア』を観ていたんです。1作目の歌も歌えますよ」と述べ、「クローバーはとてもピュアで、最初はすべてをあきらめてしまっている。そういうところから登場していくので、はなと出会って心情が変わっていく過程を大事に演じました」と収録を振り返った。

「HUGっと!プリキュア」は、2月4日よりABC・テレビ朝日系にてオンエア。「映画プリキュアスーパースターズ!」は3月17日より全国にて公開される。

映画ナタリーをフォロー