映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

小野賢章「史上初の“男の子プリキュア”になりたい」、ゲストキャラの名乗りも披露

113

「映画プリキュアスーパースターズ!」初日舞台挨拶に登壇した小野賢章。

「映画プリキュアスーパースターズ!」初日舞台挨拶に登壇した小野賢章。

映画プリキュアスーパースターズ!」初日舞台挨拶が、本日3月17日に東京・新宿バルト9で行われ、ゲスト声優であるクローバー役の小野賢章らが登壇した。

アニメ「プリキュア」シリーズの劇場版最新作となる本作には、「HUGっと!プリキュア」「キラキラ☆プリキュアアラモード」「魔法つかいプリキュア!」という3シリーズのプリキュアたちが登場。舞台挨拶には「HUGっと!プリキュア」から野乃はな / キュアエール役の引坂理絵、薬師寺さあや / キュアアンジュ役の本泉莉奈、輝木ほまれ / キュアエトワール役の小倉唯も出席し、彼女たちに続いて小野も「クローバー!」と名乗りを披露した。

「まさか自分が『プリキュア』に参加できるとは思っていなかった」と打ち明ける小野は、「『プリキュア』はシンプルだけど、大切なことをまっすぐに伝える作品だと改めてわかり、その一端を担わせてもらえて光栄」と歴史あるシリーズに参加できた喜びを語る。当初は「勝手にイケメンのお兄さん的存在のキャラかなと思っていたのですが、まさかのかわいらしい役で(笑)」と驚いたそうだが、「過去の約束を信じてずっと待っているキャラクター。切なくやらせていただきました」とクローバーの心情を思いながら演じたという。

続いて本作の入場者特典であるミラクルクローバーライトを取り出すと、「なぜ『HUGプリ』の3人がこれを持っていないのか、疑問です。かなりキーアイテムですよね!?」と問い詰めるような口調でアピール。「次に『プリキュア』に出演できるならどんな役をやりたい?」という質問には「やっぱりプリキュア。史上初の男の子プリキュアになりたい」と答えて会場を沸かせた。

舞台挨拶では本作のテーマである「約束」にちなみ、登壇者たちが“守りたい約束”を発表する一幕も。引坂は「『プリキュア』シリーズの先輩がつないできたバトンを、しっかり次につないでいきたい」と心を込めて答えていた。

(c)2018映画プリキュアスーパースターズ!製作委員会

今週の動画PR

  • 「映画プリキュアミラクルユニバース」
    「プリキュア」シリーズの映画最新作では、劇場版の応援アイテム “ミラクルライト”の秘密が明らかに!? そんなライトを使った楽しみ方をご紹介。

映画ナタリーをフォロー