コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

プリキュア15周年上映会で三瓶由布子、沖佳苗がアニメを観ながら当時懐かしむ

114

左から梅澤淳稔、前川淳、沖佳苗、三瓶由布子、小村敏明、鷲尾天。

左から梅澤淳稔、前川淳、沖佳苗、三瓶由布子、小村敏明、鷲尾天。

テレビアニメ「プリキュア」シリーズの15周年を記念したイベント「『プリキュア』感謝祭上映会 vol.2」が、去る4月29日に東京・丸の内TOEIで行われた。

イベントでは「映画 Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!」「映画 Yes!プリキュア5 GoGo! お菓子の国のハッピーバースディ♪」「映画 フレッシュプリキュア! おもちゃの国は秘密がいっぱい!?」の3本を上映。映画の上映前には「Yes!プリキュア5」「Yes!プリキュア5 GoGo!」からキュアドリーム/夢原のぞみ役の三瓶由布子、シリーズディレクターの小村敏明、プロデューサーの鷲尾天、「フレッシュプリキュア!」からキュアピーチ/桃園ラブ役の沖佳苗、シリーズ構成の前川淳、プロデューサーの梅澤淳稔が登壇してのトークショーが行われた。

三瓶は「プリキュア」シリーズが15年続いていることに触れながら、最新シリーズについて「今のシリーズを観ていると、時代に合っている新しい部分と変わらない素敵な部分がどちらもあります」とコメント。また沖は「フレッシュプリキュア!」の放送から約10年ほど経つことに驚きながらも、「今は『後輩がんばれ!』って母親のような気持ちで観ています(笑)」と語った。

そして「映画 Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!」「映画 Yes!プリキュア5 GoGo! お菓子の国のハッピーバースディ♪」の上映後には、三瓶、小村、鷲尾が再登壇しトークを実施。3人は事前に実施された「印象的なシーン」についてのアンケートを元に制作された特別映像を鑑賞しながらトークを進めていく。

「Yes!プリキュア5」の最終話「夢と希望のプリキュア5!」から、のぞみとデスパライアの対話シーンを選出した三瓶は、「最後は戦わないっていうのがすごく印象深い」と同シーンを振り返るとともに、デスパライアについて「敵キャラだけと(デスパライアの)恐怖心の描写などもあったりと、キャラクターが掘り下げられているのが面白い」と説明。また「プリキュア」関連のイベントに出演できたことに対し、「本当に感慨深いし、ちょっとホーム感があって安心します。時間が経っても変わらず皆さんが応援してくださってるんだと改めて感じました」と思いを吐露しながら、「みんなー! これからもプリキュアを応援すること、けってーい!」と、のぞみの決めゼリフを交えて挨拶した。

その後「映画 フレッシュプリキュア! おもちゃの国は秘密がいっぱい!?」の上映を経て、沖、前川、梅澤によるトークショーを実施。こちらのトークショーでも同様に、「印象的なシーン」についてのアンケートを元に制作された特別映像が上映される。

お笑いコンビのオードリーが特別出演した、第27話「夏だ!祭りだ!オードリー!!」を印象的なシーンに選出した沖は、その理由について「オードリーの大ファンだから」と明かし、「アフレコの際に(オードリーに)ご挨拶にいったんですけど、緊張してなかなかしゃべれなかったです」と残念がってみせる。さらに沖は本作のキャストやスタッフは未だに仲が良く、つい数日前も集まりがあったと説明し、「噛めば噛むほど味が出る感じだし、当時の情熱的な思いもずっと持ち続けている作品です。皆さんも2年に1回ぐらいでいいので、たまに観返したり思い出してくれたらうれしいです。テレビシリーズの上映会とか、全国を回ったり……20周年に向けてどんどんつながっていけばいいな!」と抱負を語った。そして三瓶同様に、「みんなー! 幸せゲットできたかなー!?」とキャラクターのセリフをアレンジして観客に呼びかけた。

なおイベントでは、「感謝祭上映会」の第3弾が8月26日に行われることも発表に。第3弾では「映画 ハートキャッチプリキュア!花の都でファッションショー・・・ですか!?」「映画 スイートプリキュア♪ とりもどせ!心がつなぐ奇跡のメロディ♪」「映画 スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!」の3本が上映される。

コミックナタリーをフォロー